ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

SentryPointカソード防食

これらの地域で
ご利用可能:

腐食がなくなることはありません。

年に1度の検査点の測定はスチールパイプラインの状態についてどの程度教えてくれるでしょうか。

Cathodic-Protection-Test-Point

このSentryPointカソード防食の終点は既存の検査点ラインマーカー内に収まります。

システム内には数百、あるいは数千の腐食検査点や整流があります。パイプラインの完全性を維持するチームは次の欠陥を見つけるために、データ収集だけに半分の時間を費やしています。ということは、見つけた欠陥を直す時間は50%だけになります。年中無休の自然界の戦いに対して、現在、1日4時間しか戦っていないのです。

カソード防食の当ソリューションには、腐食が隠れる場所がありません。

SentryPointは、自動的にシステム内の検査点と整流からデータ収集します。その上、内蔵アラームが発生から1時間以内に範囲内の欠陥、電気異常などを警告します そのため、いつどこで何が起きているかを知ることができます。

FlexNet®通信ネットワークで動き、電池式の終点は遠隔の場所からでも1時間ごとの読み取り数値を送信します。検査点と整流までの直接双方向通信を装備する当ソリューションはPHMSAインスタントオフのすべての測定に対応します。つまり、防食チームは5分以内で1日の作業に値する仕事ができ、問題を見つけるのではなく、直す時間に費やすことができます。

腐食監査プログラムを管理する用意ができている方は、実演の予定を決めるために、電子メールでご連絡ください。

ビジネスへのメリット

  • ガルバニ電流と印加電流の両方のシステムに対応
  • 1時間ごとの検査点読み取り、発生から1時間以内に警告
  • 新規のハードウェア不要 – 既存の検査点と整流を監査
  • 運用の効率性向上
    • 安全取組に対応:整流での社員の感電の危険を排除
    • 時間の節約:腐食スペシャリストはデータ収集ではなく、メインテナンスに集中
    • PHMAインスタントオフの測定に対応:5分未満で1日に値する作業を実施 – カソード防食システムのパワーサイクリング(電源のOn/Off制御)を防止
    • 車両の経費と社員の出張時間を削減

顧客へのメリット

  • 料金を削減

特徴

検査点

  • 内蔵バッテリーによる電源供給
  • 既存の検査点ラインマーカー内に収まる

整流

  • 1時間ごとの読み取り

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文