ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

無収水

これらの地域で
ご利用可能:

無収水は、収益の損失を意味します。
目に見えない損失と実際の損失を減らします。

Sensusは、無収水(NRW)を減らし、供給する水量と毎月顧客に課金する水量間のギャップを埋めることが重要だと熟知しています。無収水は、またたくまに増大します。実際に、NRWは、北米で、20%〜30%にものぼります。

無収水の原因は、次のとおりです。

  • 主給水管の漏水と貯水タンクのオーバーフロー
  • 不正使用(盗難および改ざん)
  • 未請求の消費と不正確なメーター
  • 計量されていない消費
  • 漏水の調整と回収不能金

無収水による潜在的な収益喪失は認められないことは、誰の目にも明らかです。NRWは収益源に影響を与えるだけでなく、業務支出に深刻な影響を及ぼす可能性もあります。Sensusは、無収水の原因を特定し、無収水を減らすソリューションを提供するため、数多くのユーティリティ企業と協力しています。

リソース

無収水の重大な影響を説明するこのインフォグラフィックをチェックしてください。

無収水のパイプラインを定義するこのインフォグラフィックで、一連の損失をなくすためにSensusのソリューションがどのように役立つかをご覧ください。

この有益なウェビナーを見て、お客様の「無収水を特定する旅」に役立ててください。

Sensusは、ユーティリティ企業が無収水での実際の損失や目に見えない損失に対処するのに役立ついくつかのソリューションを提供しています。詳細については、このビデオをご覧ください。

Sensusのソリューション

無収水への対処の最初のステップは、メーターの測定値を正確なものとすることです。計量されない水、不正確な請求から、顧客の漏水検知の遅延まで、不正使用に対する漏水許容コストの上昇につながる見かけ上の損失は、収益を不安定にする可能性があります。配水システム内では、漏水、破裂、オーバーフローもコストのかかる問題を引き起こします。お客様がこれらの問題に対処するのを支援するため、Sensusでは収益の確保から実際の損失減少まで、お客様による無収水の特定を支援するために、計量、測定、コミュニケーションと分析ソリューションの製品シリーズを提供します。

  • iPERL®水道メーター:前例のない正確さで、これまで測定されなかった低流量の水量をキャプチャします。このスマート水道メーターは、盗難を検知する改ざんアラートなどのスマートアラームを備えており、一般家庭からの収益確保に役立ちます。
  • ally® 水道メーター 統合されたリモートの3ステートサービスバルブによる迅速なサービスの有効化と遮断により、回収不能金を減らし、顧客サービスを向上させます。配水システム内の水損失をより効率的かつコスト効果の高い方法で解決するため、実績のある圧力検出機能を備えたallyはシステムの圧力分布を確認するのにも役立ちます。
  • OMNI™商業・工業用水道メーター:現場で調整可能な精度により、商業アカウントおよび工業アカウントからのより収益拡大を確保できます。OMNIは特許取得済みのフローティング・ボール・テクノロジー(FBT)を使用しているため、より正確な測定と収益の確保が可能になります。

iPERL、ally、およびOMNIメーターは、FlexNet® SmartPoint®モジュールとシームレスに統合します。また、SensusのFlexNet双方向通信ネットワークを介して、広範なリモートシステム管理オプションを提供します。SmartPointモジュールを使用すると、リモート水道メーターの読み取りを自動化し、排水ラインで漏水を監視できます。

  • FlexNet®通信ネットワーク:Sensusの長距離無線ネットワークは、スマート水道やスマートシティを実現する、スケーラブルで信頼性の高い双方向通信インフラストラクチャを提供します。FlexNetはスマートメーターやセンサーと連携して、適切なデータを適切なタイミングで安全に送受信するので、水道システムを積極的に監視して動的に最適化することが可能になります。
  • SmartPoint®モジュール:浸水および非浸水の両方の環境用に設計されたバージョンを備えたSmartPointモジュールは、サイト上またはFlexNetネットワークのいずれかを介して、時間ごとの読み取りデータを記録します。このデータは、アクティブな漏水や損失を示すだけでなく、イベントが発生した時間と日付も表示します。SmartPointモジュールは、ウォークバイ、ドライブバイ、固定ベースモードで動作し、より高い柔軟性を提供します。
  • Sensus® Smart Gatewayセンサーインターフェイス:バッテリー駆動のこのデバイスは、電力への「プラグ」を必要とせずにデータを送信することにより、FlexNet通信ネットワークへの投資を最大化します。圧力、温度、レベルをリモートで監視できます。また、システム内の潜在的な漏水やその他の条件を識別するため、圧力データを分析することも可能です。
  • Permalog+音響モニタリングセンサー:配水ラインを監視し、漏水箇所の特定を支援します。流量の検知に音波を使用するこれらのセンサーは、夜間に動作し、環境騒音が最低のときに、排水システムの音を検知します。次に、SmartPointを介して、水流の状態を報告します。そのデータを分析し、漏水の条件が存在するかどうかを判断できます。さらに、サービス担当者が調査を素早く開始し、高価な問題になる前に修理を実施できます。
  • Sensus Essential Analytics:システムの問題に迅速に対応するため、これらの強力なプリケーションは、AMRやAMIシステムからのデータを配信します。

ビジネスへのメリット

  • Sensusソフトウェアを介して、無収水の源をリモートで特定
  • 正確な請求で収益確保を提供し、積極的な顧客サービスを実現
  • 不正使用の可能性のある行為を公益事業にアラームで通知
  • 圧力管理を使用して、漏水や破裂による流量を減らす場所を特定
  • 規制遵守および水損失プログラムを実現して強化



Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文