ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

保全電圧削減(CVR)

これらの地域で
ご利用可能:

正しいサイズの電圧を使用してグリッドを最適化

信頼性の高い電力サービスは、貴社にとってもその顧客にとっても最優先事項です。バランスのとれた効率的なシステムも同様です。特に、ピーク負荷時には重要となります。ピークイベント時にグリッドとエネルギーの使用負荷を減らすと、十分な発電を保証できるだけでなく、コストの節約にもつながります。このため、Sensusは、保全電圧削減(CVR)ソリューションを開発しました。

CVR-ソリューション-概要-サムネイル

電気事業向けのCVRソリューション概要をダウンロードしてください。

SensusのCVRソリューションは、リアルタイムの電圧データを監視および管理するため、計測、通信、分析を使用します。これにより、変電所から家庭や企業への配電線全体にわたって電圧を低減し、最適化できます。また、正しいサイズの電圧を測定し、維持するのに役立ちます。つまり、補助的なエネルギーを得るために、外部の電源に依存したり、実質的なスポット市場価格を支払ったりする必要はありません。

どのように動作するのか

Sensusは、サービス地域全体に配電フィーダーでSensus iConA™ Generation 4やStratus™などの先導的なメーターを配置。これらのメーターは、電圧を測定し、FlexNet®通信ネットワークを介して1分間の平均電圧データを送信します。Sensusの分析ソフトウェアであるVoltage Insightは、データを5分ごとに受信します。結果 負荷を軽減し、著しい節約を可能にするには、電圧を慎重に取り扱いましょう。

特徴

  • 電気の先導的なメーター、FlexNet通信ネットワーク、分析ソフトウェア
  • 5分ごとにタイムリーなFlexNet-ソフトウェア送信を実施

ビジネスへのメリット

  • ユーティリティ配電フィーダで、電圧を監視、測定、軽減
  • システムでピーク負荷を軽減
  • 大幅なコスト削減を実現
  • システムの効率を向上
  • 十分な発電を提供
  • 規制遵守を実現および強化

顧客へのメリット

  • エネルギーを節約
  • 電気使用量を削減
  • 毎月の請求書を削減

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文