ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

経営陣およびコー​​ポレートガバナンス

経営陣

Sensusの管理チームは、数十年にわたる知識と経験を有する業界の専門家で構成されています。これらのリーダーは、現在ユーティリティ企業が直面する無数の問題を理解しています。彼らは、プロジェクト管理におけるスマートパートナーシップにより、Sensusの顧客が、ユーティリティ管理の境界を押し広げ、前例のない運用の効率化、顧客サービスと保全を達成できると理解しています。

2016年10月、Sensusは、世界で最も困難な水問題を解決するため、革新的でスマートな技術ソリューションを有する世界有数の水道技術会社、Xylemに買収されました。

Randy Bays
社長

Bays氏は、グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusの社長であり、経営全体を率いています。強力な執行リーダーシップ、運営、国際ビジネスといった、多様な経歴を誇ります。Sensusに入社する前、Bays氏は、Kinetekの社長兼最高経営責任者(CEO)でした。在職中、組織で素晴らしい文化を確立しながら、重要なテクノロジーの拡大とグローバルな成長を通して会社を導きました。その前には、管理職、エンジニアリング、運営などの職でGEに10年以上勤務。パデュー大学から、電気工学学士号と産業工学修士号を取得しています。

Dave Ayers
グローバルR&D担当バイスプレジデント

Ayers氏は、2009年に、グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusに入社し、現在グローバルR&D担当のバイスプレジデントです。彼は、世界中のSensusポートフォリオに関する技術戦略および製品開発を担当しています。それ以前、Ayers氏は、Sensus北米および英国でスマートメーターの製品戦略と開発エンジニアリング担当バイスプレジデントを含め、様々な重職を歴任。Lucent TechnologiesやNortel Networksなどの大手通信機器プロバイダで、グローバルなハードウェアおよびソフトウェアエンジニアリング、サプライチェーン管理、品質と製品マーケティングといった30年以上の経歴を誇ります。Ayers氏は、カナダのオタワにあるカールトン大学から、電気工学学士号を取得しています。

Todd Boyle
CPO

Boyle氏は、2012年4月にCPO(最高人事責任者)に任命され、社の人事部で戦略的なリーダーシップを提供する職務に就いています。2007年以来Sensusに努める同氏は、Sensus北米と保全ソリューション部で人事部長を務めていました。グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusに入社する前は、連邦政府のITおよびエンジニアリングプログラムの人事担当者としてロッキードマーチン社に7年間勤務。Boyle氏は、ノースカロライナ州立大学で経営管理に特化した理学学士号を取得しているほか、シニアおよびグローバル人材のプロフェッショナルの認定資格を有しています。

Kevin Cheatham
Smith-Blair社長

Cheatham氏は、2006年5月に、グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSmith-Blairの社長に就任。クランプとのカップリング事業を担当しています。就任に先立ち、同氏は、Smith-Blairのコントローラ/CFOとして16年間勤務していました。Smith-Blairに入社する前は、財務担当副社長を含め、11年間製造業界の様々な上級財務職を歴任。Cheatham氏は、学士号およびMBA学位を取得しています。

Courtney Enghauser
CFO

Enghauser氏は、グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusのCFO(最高財務責任者)です。彼女は、Sensusに入社する直前のKinetekにおけるCFOなど、財務および会計で18年以上の経験を有しています。それ以前は、PriceWaterhouseで監査役としてキャリアを開始した後、多数のCFO、財務部長、企業コントローラーを歴任。インディアナ大学で会計学の理学学士を取得しているほか、公認会計士の資格を有しています。

Dale Harber
グローバルマーケティングおよび国際プログラム担当エグゼクティブバイスプレジデント

Harber氏は、グローバルマーケティングおよび国際プログラム担当エグゼクティブバイスプレジデントです。Kinetekで販売およびマーケティング担当バイスプレジデントとして活躍した後、グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusに入社。在職中、テクノロジーの著しい拡大と国際的な成長をもたらしました。General Electric、ITT Aerospace Western Digitalでの指導的役職を含め、Sensus管理チームにエンジニアリング、マーケティング、販売といった30年以上の経験を有しています。彼は、インディアナ工科大学から機械工学学士号、インディアナ大学からMBAを取得しています。

Mike McGann
品質担当バイスプレジデント

McGann氏は、品質担当バイスプレジデントです。Sensus北米水道事業の品質およびサプライチェーン担当のディレクターとして2009年にSensusに入社し、その後、顧客運用担当のバイスプレジデントとして勤務。グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusに入社する前、McGann氏は、Nortelの顧客運用担当ディレクターのほか、グローバルオペレーション部門ディレクターや品質担当者としても活躍しました。その前は、GEで運用、品質、マーケティングといった職を歴任。McGann氏は、GEリーン製造し、変更加速プロセス(CAP)など、GEから数々の関連資格を有しています。彼は、認定シックスシグママスターブラックベルトであり、心理学の理学士号と経営管理の修士号を取得しています。

Jim Mundell
顧客業務担当バイスプレジデント

Mundell氏は、顧客業務担当バイスプレジデントであり、Sensusサービスの成長に関する責任を担います。彼は、半導体、マイクロエレクト​​ロニクス、電子・電気機械システムおよび受託製造サービス業で35年以上の経験を有しています。グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusに入社する前、2013年に買収されたNextreme Thermal Solutionsの共同創設者兼COOでした。現在、デューク大学の非常勤教授とエグゼクティブインレジデンスである彼は、デューク大学工学部および技術管理プログラムの修士コースで教鞭を執っています。彼は、パデュー大学クラナート・スクール・オブ・マネジメントから産業管理の科学修士号、パデュー大学から電気工学テクノロジーの理学学士号を取得しています。

Roland Rott
運用および製造、Sensus EMEA、アジア太平洋地域担当エグゼクティブバイスプレジデント

Rott氏は、2015年3月に、運用および製造、Sensus EMEA、アジア太平洋地域担当エグゼクティブバイスプレジデントに任命されました。彼は、ヨーロッパ、南アフリカ、アジア太平洋地域の業務担当バイスプレジデントとして2012年8月に入社して以来、グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusに勤務しています。これに先立ち、Rott氏は、多数のFortune 500企業で管理職を20年務めていました。自動車業界で高い専門知識を持つ彼は、ドイツ、フランス、南アフリカでも活躍していました。

Steve Sanger
戦略および成長、Sensus EMEA、アジア太平洋地域担当エグゼクティブバイスプレジデント

Sanger氏は、2013年に、戦略および成長、Sensus EMEA、アジア太平洋地域担当エグゼクティブバイスプレジデントに任命されました。彼は、英国のSensusのエグゼクティブバイスプレジデントとして、2010年1月に、グローバルな水道テクノロジーのトップ企業、Xylemの傘下に入ったSensusに入社。以前は、Alcatel Lucentでの勤務や自身の通信会社を開発・販売するなど、電話通信業界で25年を超える経験を有しています。

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文