ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

RFおよびスマートメーターの理解

スマートメーターの無線周波数を懸念するニュース報道にもかかわらず、複数のレポートや業界グループはスマートメーターのテクノロジーは非常に安全だという結果を示しています。米国連邦通信委員会(FCC)基準は、一般的な家庭用電気機器やスマートメーターの健康への影響に対して許容範囲の安全率を提供しています。

Sensusの測定および自動化製品とテクノロジーは1985年以来実施されているRFの環境暴露に対するFCC基準とガイドランドを完全に順守しています。FCCは1996年、米国放射線防護測定審議会(NCRP)と米国電気電子学会(IEEE)の2つの専門機関から提案された磁界に対する許容RF暴露制限と送信機の出力密度を実施しました。FCCも米国規格協会(ANSI)および米国電気電子学会(IEEE)が定める、人体に極めて接近した範囲内で操作する機器から放出されるRFに対する、人体暴露への比吸収率(SAR)制限を採択しました。これらのガイドラインはオンラインからご利用いただけます。

暴露ガイドラインは既知の悪影響に対する閾値を基にしており、安全に対する良識的な制限を取り入れています。

メーターRFに関する要因

  1. 特定機器からのRF暴露は機器からの距離や干渉する物の減衰によって、機器から発する無線の力によって異なる
    • メーターのRF暴露は、例えば1フィート(30センチ)から12フィート(3.6メートル)に距離を移動した場合、100倍に減らす
    • スマートメーターは一般的に住宅の外壁に配置され、住宅内のRF暴露はメーターのすぐ前の部分のものよりも10倍少ない
  2. Sensusスマートメーターと自動化エンドポイントは一般的に、1日の間に非常に少量の無線信号を送る
  3. Sensusテクノロジーを使った大型スマートメーターから展開されるデータによると、一般的にメーターは1日当たり1秒以下を発し、99.999%のスマートメーターは1日当たり1分以下を発する

一般的に言って、毎日の環境要因にはスマート測定システムが発するRF磁界よりもかなり強いものを発するものがたくさんあります。スマートメーターが発するRFエネルギーは害がなく、携帯電話、ワイヤレスのベビーモニター、テレビ放送、ガレージドアオープナー、電子レンジ、自宅コードレスの電話、WiFiネットワークなどと匹敵するものです。また、Sensus測定システムはライセンス帯域で通信するので、FCC規制および規定を完全に順守しています。

参考資料:

www.fcc.gov
www.utc.org
www.epa.gov

その他の資料

FCC

EPRI

環境防衛基金

世界の保健機関

カリフォルニア科学技術会議

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文