ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ホワイトペーパー

水道ネットワークの寿命を延ばすための高度な戦略

水道管理に包括的アプローチを使用することで、ユーティリティー事業体は多くの技術を集合的に使用することができます。適切な分析は、コンパイルされたデータを使用可能な情報に変換することができます。  これを実現する方法として、スマートウォータープラットフォームでは、実装、通信ネットワーク、GIS、SCADA、その他のデータ分析ソースを含む複数のポイントからのデータを統合・分析します。  このようなアプローチを実施することで、ユーティリティー事業体は水不足を検出し、潜在的な配管障害を特定し予防することで、無収水(NRW)を削減し、資産管理を強化することができます。このアプローチはまた、資本増強計画を対象としたより良いデータや、顧客サービス改善の機会を提供します。

しかし、このような高度なアプローチは、データを効果的にキャプチャして送信するための適切な技術の実装から始まる道のりです。

このホワイトペーパーでは、以下の項目について理解を深めることができます。

  • 水管理に対するより包括的アプローチの構成要素とメリット。
  • 無収水とパイプライン資産管理向けにスマートウォータープラットフォームを活用する方法。
  • スマートウォーターのアプローチを開始するための推奨事項。

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文