ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ホワイトペーパー

無線スマートグリッド通信:メッシュ対ポイントツーマルチポイント通信の比較

無線ユーティリティ通信への2つのアプローチ:AMR、AMI、DA、SCADAに最適なアプローチは?

ユーティリティー事業体は、無線通信の利点を発見し、現在、自動検針(AMR)AMI(高度メーターインフラ)配電自動化(DA)および監視制御とデータ収集(SCADA)用に広く展開しています。スマートグリッド通信のバックボーンを求めて、電気、水、ガス、サービスプロバイダーの間で、2つのアプローチが業界を支配するようになってきました。(1) ポイントツーマルチポイントネットワークアーキテクチャを介してプライベートに搬送される、ライセンス化されたスペクトラム信号および (2) メッシュネットワークアーキテクチャを介して搬送される一般に入手可能なスペクトラム信号。

2つのトポグラフィーには長所と短所があり、このペーパーでは、ミッションクリティカルなユーティリティ通信の4つの重要な種類のニーズを満たすために適用できるオプションとして解説します。AMR、AMI、DA、SCADA。

このペーパーでは次の内容を学びます。

  • メッシュ対ポイントツーマルチポイントで異なるネットワークアーキテクチャアプローチ。
  • ネットワーク間におけるプライバシー、範囲、遅延、および帯域幅の要件の違い。
  • ユーティリティ通信アプリケーションを決定する際の評価基準。

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文