ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ホワイトペーパー

予測可能な信頼性を実現

データ通信システムを選択する際、ユーティリティ企業の職員は、多くの考慮事項を念頭に置きます。これは、規制当局や顧客の厳しい目にさらされる、大きな投資です。選択プロセス間の最も賢明な意思決定には、伝送リスクを最小化し、予測可能な信頼性を達成することにより確実性を高めることが含まれます。これを行うには、米国の有限な無線スペクトル帯域内で動作する、保証されたポジションを確保する必要があります。主な使用ライセンスは、疑問、制限、二次使用ライセンスに関連する不確実性と比較して、連邦通信委員会(FCC)からの保護でその位置を提供します。

このホワイトペーパーは、主な使用ライセンスが、二次使用ライセンスに比べて、AMI検針業界に優れた資産である理由を示しています。また、二次ライセンス保有者による、不幸なマーケティングの策略にも焦点を当て、「ライセンス」スペクトルを介して送信される伝送について説明します。技術的には正確であるものの、実際は、Sensusを除き、すべての主要ベンダーが、二次利用のライセンスを持っていますが、Sensusの製品は、二次スペクトルの制約が含まれていない一次使用システムで動作します。

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文