ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ホワイトペーパー

デュアルロータータービンとマルチパス超音波ガスメーターの比較

シェールガス探査のブームとその結果から生まれた天然ガス供給は、老朽化したメンテナンスの行き届いていないパイプラインシステムでも精度を維持できるメーターの必要性を生み出しています。

ロータリー、ダイヤフラム、オリフィスメーターは、水源で一般的な汚染物質によりメーターを破損したり、ロックアップさせて、ガスの流れが停止されるにもかかわらず、今でも現場で広く使用されています。より正確かつより低い脆弱性のテクノロジーを探し求め、事業者は、内部可動部分を持たないものの、設置、監視、再調整が複雑になりがちな、マルチパス、超音波流量計を使用する傾向にあります。

このペーパーでは、30年以上も現場で利用されてきたうえ、今でも利用されている代替の計量テクノロジーについて説明します。継続的に精度を監視し、部品の磨耗や汚れに起因するガスフロー条件またはドラッグの変化を調整するため、連動する2つのローターを使用する、タービン流量計のユニークなフォーム。また、設置、現場条件下での精度、再校正、圧力損失、サービスやメンテナンスなどの重要な特性で、デュアルロータータービンメーターとマルチパス超音波メーターを比較します。

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文