ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

SensusからのiPERLとインテリジェントな水管理を実装するHSE Darmstadt AG

コストを最適化した飲料水を配水することと、この貴重な資源を大切に利用しながらスマートメーターソリューションへの需要を含む顧客の期待を満たすニーズは、水道関連企業が直面している課題であり、これらソリューションへの需要はますます増加しています。40,000台スマート水道メーターを使用して、エネルギーおよびインフラストラクチャのユーティリティ企業、Darmstadtに位置するHSEは、将来性と持続可能なソリューションのシーンを設定しています。

Darmstadtのユーティリティ企業で飲料水の検針を管理するMartin Grüger氏は、「安全上の理由から、飲料水シャフトで300台のメーターから手動でデータを収集することは、常に2人の特別な訓練を受けたスタッフメンバーによって行われなければなりませんでした。これは、人員や時間への需要が高くなり、コスト高につながります。当社の財務や人事のコミットメントを削減するため、私たちは、近代的でコスト効率の高い選択肢を探しました。そして、iPERLに出会いました」と語っています。

SensusからのiPERLを使用して、HSEは、その前の計量概念を近代化したほか、下流配水プロセスを著しく最適化しました。iPERL(Sensus RF)で統合されたAES暗号化データ通信は、リモートメーターの読み取り値を使用して、消費データを簡単かつ迅速に収集することを可能にします。シャフトと家庭用メーターは、読み取りと課金システムにシームレスに統合できます。通常、手動による読み取りに依存する運用コストを大幅に低減する、または完全に排除できるなど、経済的利益は莫大です。iPERLが展開されて以来、HSEでは、300台のシャフトの手動読み取りは不要となっています。リモート読み取りのおかげで、何千人もの消費者とアポを取る必要もありません。Grüger氏は、「このようにして、1日で200台限りの水道メーターを読み取るのではなく、将来的には1日あたり6,000台のメーターを読み取ることができます」と、述べています。「将来的には7日以内に当社の完全な供給ネットワークですべてのメーターの読み取りを収集し、ローリング検針システムを完全に置き換えることを計画しています」

消費量を公正に記録し、顧客満足度を確実に向上させます。

運用コストの潜在的な節約に加えて、iPERLを使用すると、供給者の顧客サービスにプラスの効果が期待できます。住宅協会は、ローリング方式の読み取りではなく、従来の指定日での読み取りを好みます。iPERLにより、私たちは何の問題もなく、このサービスを提供できます」と、Grüger氏は述べています。消費の読み取りは非常に正確で公正であるため、Grüger氏が説明しているように、苦情管理も最適化されます。「私たちは、流量が最小である場合は、精度の高いレベルを達成し、顧客に透明で理解しやすい方法で、実質消費を示すことができます。これは、顧客側での課金について、好意的に受け取られます。将来、間違った検針データに関する問合せや苦情に対し、より自信を持って答えることができ、高価な診断テストの必要性を排除します。また、個人消費のプロファイルは、漏水や水の損失を識別し、通知できることを意味しているため、iPERLと持続可能な水供給業者としての役割を果たすことができます。これは、顧客に利益をもたらし、将来感謝されるサービスとなるでしょう」と語っています。

漏水の認識は、スルーフロー時間あたりわずか1リットルまで登録できる、iPERL独自の測定パラメータを可能にします。水道事業は、初めて正確に独自の水供給ネットワーク内の水の損失を検出するために、この機能を使用したいと考えています。「透明な固定日の読み取りにより、IPERLとSensusRFを使用して、今より正確に水の損失を決定し、排除できます」と、Grüger氏は述べています。これは、HSEが飲料水の確保を保証し、独自のインフラストラクチャ内で責任を持って資源が処理され、持続可能な資源管理のコンセプトに未来への道を指し示すことを意味します。

最低のスルーフローによる正確な検針テクノロジー

Darmstadtで、この企業は、現在市場で最も近代的な検針テクノロジーのひとつであるiPERLの計量特性を生かしています。Sensusは、残留磁場技術を特徴とするメーターを装備。公称Q3 4で、スルーフローが1時間に1リットルと低い場合でも、消費に適切な課金を提供します。測定チューブのユニークな構造と非接触測定テクノロジーは、圧力管理にプラスの効果を発揮。Grüger氏は、ネットワーク内には低圧の場所があり、iPERLで圧力損失を最小限に抑えることができることは非常に有用です。また、これは当社でコストおよびエネルギー効率の向上に貢献します」と語っています。

公的機関と協力する必要がある場合、正確な消費の測定値にもプラスの影響を与えます。Grüger氏は、「州および連邦レベルでの行政は、水供給会社が信頼できる消費量データと予測を提供することを期待しています。ローリング式の読み取りに基づくこれまでの当社の見積りでは、約3%を許容範囲が普通でした。最新の消費データを配信するiPERLを使用することで、正確な数字を扱うことができるようになりました。行政には感謝されますし、これは、消費の数値を翌年のために調整する必要がないことを意味します」と説明します。

まとめ:iPERLは、Sensusが、水の検針で新世代を告げていることを示しています。水道事業は、高いパフォーマンスと正確な「データのサプライヤ」をもたらす、「インテリジェント」な検針システムを導入できます。iPERLの背景にある理念と技術的思想は、従来の水量検針を、消費量や運用状態のデータを継続的に記録して送信する通信システムに置き換え、サプライヤーと消費者の両方に正確かつ貴重な情報を提供します。  「もちろんiPERLは、従来の水道メーターよりも高価ですが、3回のサンプル検査で合格し、少なくとも12年以上の寿命があるメーターは、間違いなく経済的な利点をもたらしてくれます」と、Grüger氏は述べています。

「スマートメーター」という言葉は、現在般的には電気ネットワークに関連して使用されていますが、DarmstadtにあるエネルギーとインフラストラクチャサービスプロバイダであるHSEは、それが可能であることを示しているだけでなく、インテリジェントな水道ネットワークのセットアップにも有用であることを示しています。将来、この企業のインテリジェントな電気および水道メーターからの消費データは、1つの作業工程で課金パートナーCount+Careに転送されます。HSEは、メーターを近代化することで、ドイツでこの革新的な一歩を踏み出すための最初のサプライヤーのひとつとなりました。

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文