ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

Sensusからの経済的なエコおよび将来性を備えたiPERL検針ソリューションに依存するディーセンの市場町

2,800台の最先端水道メーターを有する市場町、ディーセン・アム・アンマーゼーは、利用データに最先端の通信用ソリューションを導入するだけでなく、新しいメーターは、将来を見据えた材料で、経済的なサービス寿命を備え、ユーティリティ企業の顧客に透明なサービスの提供を実現することを示しています。

将来を見据えた製品

現在、最大10μg/lという、ドイツの飲料水条例による飲料水中の鉛に関する厳格なしきい値の導入は、飲料水設置業者の近代化に弾みを与えています。将来的に規制に従うよう、ディーセンの町は、iPERL™. など、無鉛のメーターを設置するための意識的な決定を下しました。ディーセン水道事業のテクニカルディレクターであるMichael Deininger氏は、「新しい水道メーターを選択するとき、材料が許容値を遵守することが重要でしたが、将来性があることも大切でした」と説明しています。

iPERLは、複合材料で構成され、100パーセントの無鉛であるため、水道事業は、鉛のしきい値が低下した場合や、環境安全規制が厳しくなった場合でも、安心してiPERLを利用できます。メーターのサービス寿命が終わったときに有効になるリサイクルの概念も考慮され、すでにiPERLの設計段階で実装されました。

また、iPERLの無線伝送システムは、ユーティリティや消費者に高度なセキュリティを提供しています。転送されるデータはAESで暗号化され、BSIのガイドライン、TR-03116-3の規定に準拠しています。これは、スマート水道検針システムのインフラストラクチャで、暗号化方法を使用するための安全要件を定義します。 iPERLのアラームおよび状態レポートは、最新のタイムスタンプ付きメーター操作に対する保護が含まれています。これらの新しいiPERL機能により、ユーティリティ企業が、最大の消費者保護を提供できるようになります。

柔軟性

Sensus RFデータプロトコルは、ウォークバイ/ドライブバイ読み出しに使用できます。このプロトコルは、OMS(オープン検針システム)に従っており、既存のスマートメーターのネットワークにも統合できます。データプロトコルが変わっても、検針ポイントへのアクセスを必要としないため、ユーティリティ企業と消費者の両方に、高い柔軟性をもたらすことが可能です。

データプロトコルとiPERLの柔軟性は、特にウォークバイ/ドライブバイ読み取りで強調されます。必要に応じて、ユーティリティ企業は、データ転送オプションを有効または無効にできます。この柔軟な選択が、実際には、顧客満足度の面で効果を発揮。ディーセンのテクニカルディレクターは、「住民は、医療や環境上の理由で、無線システムをオフにすることを望んでいます。これを実現できるとき、喜びを感じます。このサービスは、私達にとって非常に重要です!」と語っています。このような場合、データ転送オプションは、正確なメーターデータを取得するためにのみ選択的に利用されます。「毎年、受信するメーターデータの約15%は、課金のために使用きません。ドライブバイ読み取りにより、欠落しているか、不適切なデータを容易かつ迅速に収集する可能性は、幅広い新たな可能性をもたらします」と、Michael Deininger氏は述べています。

このオプションにより、ディーセンの水道事業は、顧客サービスの面で付加価値を生成するだけでなく、両者の利益につながる公正かつ正確な請求書を提供できます。Michael Deininger氏は、「私たちは実際の数字を見ることができるので、もはや見積りに依存する必要はありません」と述べています。推定の使用量データまたはデータの不足は、ユーティリティ企業の帳簿に悪影響を与えかねません。また、高い支払遅滞は、エンドカスタマのサプライヤー認識にマイナスの影響を与える可能性があります。Michael Deiningerは、「利用プロファイルの透明かつ正確なアカウントは、利用請求の誤解や最初からの意見の違いを防ぐのに役立ちます」と指摘します。

経済的

iPERLのさらなる利点は、技術面で従来のメーターに比べて大きく寿命を保証する革新的な構造です。Deininger氏は、「非常に長い寿命は、iPERLを選んだもうひとつの理由でした。長い導入サイクルは、メーターの交換から発生するコストを削減でき、最先端の耐久性のある追加メーターの購入に投資できることを意味します」と語っています。しかし、iPERLは、テクニカルディレクターを説き伏せたその他の技術的な利点も備えています。非接触の磁気誘導流量測定は、iPERLの寿命を通して信頼性の高いメーターのパフォーマンスを保証します。1 l/hからの最小漏水量でさえ確実に記録されるうえ、iPERLの最小限の圧力損失により、大きなスルーフローも正確に測定できます。この機能は、iPERLで、不必要にネットワークに必要な圧力を制限することなく、将来の圧力管理の基礎を提供することを可能にします。メーターの排気や排水といった処理工程を省略できるため、不良設置や実装が検針の結果に影響を与える可能性があるというリスクを排除できます。これらの経済的な利点は、ユーティリティ企業の運用に非常にポジティブな効果をもたらします。

Deininger氏は、「iPERLを選択することによって、私たちは経済性や将来性を重視した決定を下したと確信しています。また、顧客満足度を高め、最適化されたサービスを提供できるようになったことを意味します」と説明しています。

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文