ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

コロラド州エバンス市はメーターの推測読み取りを94%減少

Sensusテクノロジーは請求書の正確性をさらに改善し、増大する人口に対応

コロラド州エバンス市の水道事業部では請求日の時期です。エバンス市の技術士、Randyさんはこれまで14年間、毎月毎日同市の道路を運転して各水道メーター6,500個を読み取る仕事をしてきました。Randyさんの長時間にわたる努力にもかかわらず、老化したメーターはデータを推定するのでメーターの読み取りは必ずしも正確なものではありませんでした。その上、プロセスが長すぎるので、請求書を各家に送る前にデータを再度確認する時間がないことがよくあります。

city-of-evans-community-complex-spring-flowers

春の花が咲きほこるエバンス市のコミュニティコンプレックスは、同市水道事業部内の住人に人気のたまり場です。

「市の技術士は毎日、手作業のメーター読み取りで忙しいため、顧客に最高のサービスを提供することができませんでした」と、コロラド州エバンス市公共料金請求書スペシャリストであるJoni Cristさんは言います。「何か手を打たなければならないことは明らかです。」

急速な人口増加の管理

エバンス市はデンバー市から北におよそ1時間の場所に位置しています。急成長する同市の人口はおよそ20,000人で、新しく建てたばかりのPrairie Heights Middle Schoolはすでにその定員に達しています。メーター読み取りと請求の問題は人口が増えるにつれて大きくなるばかりです。

時間と資源の無駄

老化したメーターと不正確な読み取りは公益事業にとって煩わしいだけでなく、水道事業部が顧客のニーズを満たす妨げともなります。良い事例:ひところあった1,500個ほどのメーターは老朽化しており、過去4年ほどの間は、水使用を見積りで請求していました。この状況はつまり、市の人口の1/4近くが毎月、間違った請求書を受けていたということです。

「やっとメーターからデータを集めると、即座に各家に請求書を発送しなければなりませんでした」と、Cristさんは言います。「顧客に影響していた水漏れなどの問題に対して、請求書を調査する時間などほとんどありませんでした。」

テクノロジーをアップグレードすることができ、本当に安堵しています。この先何年間にもわたって、持続的成長を続ける準備ができたといえるでしょう。

市のインフラをアップグレードし、顧客サービスを向上する絶好のタイミングでした。

正しいソリューションを見つける

エバンス市はSensus iPERL®住宅用水道メーターとOMNI™商業用水道メーターのほかに、次の目的でFlexNet®通信ネットワークも展開しました。

  • 請求書の正確さを改善する
  • メーター読み取りにかかる時間を削減する
  • 顧客により良いサービスを提供する

新テクノロジーで顧客サービスを改善する

「Sensusのテクノロジーは、顧客により良いサービスを提供するのに非常に役立ちました」と、Cristさんは言います。「毎月の請求プロセスで確認する時間ができたので、請求書に反映される前に問題を見つけることができるようになり、経費の節約につながります。」

iPERL-water-meter-connects-to-SmartPoint-to-gather-data-for-utility.

Sensus iPERLメーターは公益事業のデータを集めるためにSmartPointに接続します。

水道のスマートネットワークのおかげで、メーターの推測読み取り数は1,500から74に減りました。この94パーセントもの減少は運営の効率化と顧客サービスに大改革をもたらしました。エバンス市は今では、街中の道路を運転しなくても、毎月の請求プロセスの始めに正確な使用データを受信します。

公益事業は手作業によるメーター読み取り数を84パーセント減らしましたので、Randyさんはこれまでメーターの読み取りに費やしていた時間を顧客サービスの時間に使えるようになりました。その上、スタッフは請求書を調査する時間ができ、水漏れの可能性やその他の問題について積極的に顧客に警告できるようになりました。今では、Randyさんが住宅や企業を訪問する際は、顧客は彼が助けるために来たことを知っています。

「市の技術士たちは、顧客満足度が向上したことにすでに気づいています」と、Cristさんは言います。「新しいメーターから集めたデータを利用して顧客と協力し、問題に対するソリューションを素早く特定できます。」

現在と将来のソリューションに投資

拡張可能なFlexNetシステムは、市が「成長志向のインフラを備え、清潔で安全な、家族に優しい環境を提供する経済的な多様性と自給自足のコミュニティ」になるという、その探求を全うする助けになります。

エバンス市はコミュニティの成長に合わせて効率と正確さを高め、新住民の公益事業の請求・処理を遂行する用意ができています。エバンス市のコミュニティからどんなにたくさん問い合わせがあろうとも、同市の専任スタッフから素晴らしいサービスを受けることができるのは間違いありません。

「テクノロジーをアップグレードできて本当に嬉しいです」と、Cristさんは延べます。「既存の顧客が恩恵を受けることができるだけでなく、当市にやってくる新住民の受け入れに対応するため、私たちスタッフに高品質の機器も提供してもらえます。この先何年もの持続的成長に対する準備ができました。」

 


課題:
請求書の正確さと顧客サービスを改善する

解決方法:
Sensusの水道スマートネットワークを導入する

対策の拡張:
増大する人口に対して清潔で、安全な環境を提供する

PDFダウンロード

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文