ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

電気が目標を達成するためにSensusのデータを重視するソリューションを使用するWake Electric

全国で最も先進的な郊外の協同組合

ノースカロライナ州ウェイクフォレストに位置する、Wake Electric Membership Corporation(Wake Electric)は、38,000人の顧客にサービスを提供する郊外の電気協同組合です。2012年にSensusのFlexNet®通信ネットワークを展開したこのユーティリティ企業は、顧客サービスコールを削減しながら、課金精度やシステム管理を向上させることを可能にする、信頼性の高いスケーラブルなインフラストラクチャを確立しました。しかし、これは始まりに過ぎませんでした。

Wake Electricのエンジニアリング担当マネージャー、Don Bowman氏は、「ここまで仕事を通して、私は非常に多くの協同組合とユーティリティ企業が、単一のアプリケーションでテクノロジーを実装し、その投資の最大化に失敗してきたことを学びました。Sensusソリューションおよびそれらが提供するデータからは、非常に多くのことが可能になります。

Wake Electricは、無限とも言える多くのデータから、労力管理、会計、マッピング、CIS、メーターデータ管理、さらには車両の位置などのシステムを導き出しました。

先進的な組織であるWake Electricは、現在、その範囲を拡大し、Sensusソリューションを使用して以下を実現することで、全国で最も進歩的な協同組合となりました。

  • アセットの耐用年数とシステム設計を最大化
  • 停電管理を効率化
  • 顧客エクスペリエンスを改善

これらの目標を実現するための鍵は、収集される多種のデータを活用できるよう部門間で協力し、実施可能な洞察力に変えるためにデータを分析することです。

Bowman氏は、「データ分析は、レポートを自動的に生成するだけではありません。これは、複数のシステムからのデータを追加し、全社にあるサイロに分類することです」と述べています。

スケーリング、GIS、課金およびその他のシステムからの情報を統合することにより、Wake Electricのチームは、テクノロジー実装で次の段階に進みつつあります。

アセットの耐用年数とシステム設計の最大化

sensus-wake-電気-変圧器-ロード-データ電圧アラームを利用し始めたWake Electricは、Sensusのデータ分析およびTransformer Utilization Applicationを使用し、電圧の問題についてリアルタイムの通知をセットアップし、変圧器の寿命を延ばしたうえ、全体的なシステム設計も改善しました。

「これらのアラームにより、私たちは、変更が必要な変圧器を一目で判別できます」と、Bowman氏は語っています。

システムにある17,000台の変圧器のうち、13,152台は、最大容量まで使用されていませんでした。これは、将来の問題を最小限にするために一般的には意図的に大きめの変圧器を使用しますが、データは、Wake Electricの変圧器の多くは、著しく利用度が低いことがわかりました。その知識を武器に、組織は現在、歩を進め、将来に向けて正しいサイズの変圧器と取り替えることで、コストの節約を目指しています。GISデータと電圧アラームを組み合わせることにより、この協同組合は、アラームの原因を特定できました。あるケースでは、このマッピングが、電圧の問題を抱える特定のサブ地区だけでなく、特定の部分(レギュレータ)の問題を解決するために移動が必要であることを示しました。

停電管理の効率化

停電は、すべての協同組合とその顧客の課題ですが、Sensusのテクノロジーにより、優れた顧客サービスを簡単に導入できます。FlexNet通信ネットワークの導入で、メーターは、マルチ速度インターフェイスを介して、Wake Electricが確立した停電管理システムに直接停電情報を送信します。停電管理にSensusテクノロジーを統合することにより、担当者がシステムにデータを手動で保存する必要がなくなったため、運用の効率化が改善されました。停電が発生したときは、サービスの復旧に集中できます。さらに、顧客は、サービスが機能していないことを通知するために、協同組合に電話をする必要がなくなりました。Wake Electricは、まず顧客に電話をかけ、解決策がすでに採られていることを知らせることができます。

Sensusと提携することで、私たちは、地域社会での生活の質を改善し続けるため、さらに範囲を広げる立場にあります。

顧客エクスペリエンスの改善

grady-perry-wake-electric-設置者

自宅にデータを持ち込むことは、ほんの最初のステップです。データは徹底的に分析する必要があり、結果は、社内の複数の部門と共有されなければなりません。

Sensusとの技術提携により、協同組合は、意味のあるデータをメンバーに提供することにより、顧客サービスを向上させることが可能になります。

現在、毎月、毎日、さらには毎時間の使用データを確認できる、オンラインポータルを活用しています。前月のデータと比較したり、該当する気象情報を表示するなど、すべてWake Electricアプリやウェブサイトを通して実行できます。気象データを使用すると、特に高温または低温の天候に利用のピークが起こることがわかります。

顧客がより多くのデータを得るほど、エネルギー使用量や請求書にどのような影響があるかについて興味を持つことになります。新しい給湯器の購入などのイベントを入力し、その前と後で使用量を比較できます。それぞれの情報は、インパクトのある意思決定を行うことを可能にします。サーモスタットを調整する必要がありますか? 照明を点灯したままにする必要がありますか? 多くの顧客がエネルギーの節約に参加すれば、小さな行いが大きな見返りを生む可能性があります。

対策の拡張

Wake Electricは、テクノロジーの実装は旅のようなものであると理解しています。すでに、保全電圧削減プログラムをテストし始めており、これらの取り組みを拡大していきます。配電自動化システムの実装は、そう遠くないでしょう。

Bowman氏は、「これまでの結果に満足しており、Sensusのソリューションが、手頃な料金で優れたサービスを提供することができる以外に、何を可能にしてくれるかを楽しみにしています。Sensusと提携することで、私たちは、地域社会での生活の質を改善し続けるため、さらに範囲を広げる立場にあります」と語っています。

PDFダウンロード

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文