ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

雪に埋まる水道メーター:Pinetop Waterで、スマート水道ネットワークが収益と時間を発見した方法

背景

アリゾナ州パイントップは、冬には雪が降る、湖畔の避暑地として知られています。冬には湖や川に雪が降るため、多くの住人は自宅にひきこもります。多くの住民は、アリゾナ砂漠で冬を過ごし、夏だけパイントップに戻ります。Pinetop Waterにとって、冬は、凍った道路での運転、埋もれた水道メーター、変動しがちな井戸およびタンクレベルという過酷な季節でした。

Pinetop Waterは、一年中水を確実に利用できるよう、市民に貢献してきました。また、水を節約し、冬には留守となる市民の家を保護するために漏水を検出します。さらに、Pinetop Waterは、凍った道路から検針するソリューションを求めることで、従業員にも気を配っています。

Pinetop Waterは、これらの問題を解決するために、Sensusのスマート水道ネットワーク・ソリューションを選択しました。このユーティリティ企業は、自動化技術を用いて水タンクと井戸をリモートで管理および監視できます。これは、顧客に信頼性の高い水へのアクセスを保証します。また、窓ガラスからは雪しか見えないような天候でも、自分のオフィスから検針します。Pinetop WaterのオフィスマネージャーであるCarol Benson氏は、「毎日検針には約5分かかります。以前は、毎月の検針に4日かかっていましたが、現在はシステムの積極的なアップグレードを行っています」と述べています。

課題

パイントップは、毎日監視されなければならない井戸やタンクを含め、5つの供給サイトを持っています。この監視には、スタッフの時間、交通、一定の注意が必要です。パイントップは、これらのサイトの自動化テクノロジーソリューションを求めていました。自動化を導入すれば、残業時間、訪問時間、炭素排出量の低減につながり、顧客が常に水を利用できることを保証できます。自動化テクノロジーを導入する前、パイントップの従業員は、給水サイトを週7日訪問して水位をチェックし、井戸のオンやオフを行い、停電がないことを確認していました。

手動検針は、水道事業にとって時間のかかる作業であるだけでなく、以下の欠点も抱えています。

  • 費用がかかる
  • 人的エラーが起こりやすい
  • 炭素排出により環境に有害である
  • 特に悪天候では、従業員の危険を伴う

パイントップは、継続的な手動検針のコストに気付いていました。わずか5人のスタッフしかいないユーティリティ企業には、効率、安全性、最終的には収益を最大化するソリューションが必要でした。

Benson氏は、「冬には検針が困難になるばかりでなく、まったく実施できないこともありました。また、夏は、観光シーズンで多忙を極めていました」と語っています。

ソリューション

Pinetop Waterは、Sensusのスマート水道ネットワークソリューションを選択しました。このシステムは、オープンな標準ベースの、マルチアプリケーションのFlexNet™通信ネットワークと連動し、タンクの水位を監視する自動化が含まれています。パイントップは、Sensusのスマートポイントでメーター全体をアップグレードするよう計画しています。

かつて電気事業にしかなかった自動化により、コンピュータ、タブレット、あるいはスマートフォンを使用して、オフィスから、安全かつ快適性に水への常時アクセスを可能にできます。水タンクは、顧客が使用する前に、井戸から汲み上げた水を保持する重要なシステムコンポーネントです。Sensusの自動化テクノロジーは、タンクの水位を基にしてオンとオフを切り替え、水位が一定のレベルになったときにアラートを送信します。また、アラートは、大雪の際に大きな問題となっていた、停電も通知します。

SensusのマーケティングディレクターであるDoug McCall氏は、「世界の水道事業は、スマート水道ネットワークを実装していますが、パイントップは、自動化テクノロジーを使用して運用の効率化と保全を改善した最初の組織のひとつです 今後10年以内に、およそ世界の人口の3分の、または46億の人々が、水不足を経験する可能性があり、スマート水道テクノロジーを実装するのは今しかありません」と述べています。

また、パイントップは、メーターデータ管理にSensusのデータセンターを活用しています。スマート水道ネットワークが提供するデータの量は、パイントップのような小さな水道事業にとって有用ですが、時にはその量に圧倒されてしまいます。Sensusネットワークホスティングサービスとスマート水道ネットワークを併用することで、Pinetop Waterは、すべてひとつのシステムを通して請求およびアカウントを管理し、ネットワーク管理機能とデータウェアハウスを簡素化できます。また、このソリューションには、問題を特定し、迅速にソリューションを展開できるよう、パイントップの通信基地局とメーターを24時間週7日監視する専門家チームによるSensusエンジニアのサポートが含まれています。

Pinetop Waterは、長くSensusの顧客でした。多くの理由でSensusスマート水道ネットワークソリューションを選択しましたが、投資見返りは重要な課題です。スマート水道ネットワークを実現するためのPinetop Waterのビジネスケースは、従業員の時間を節約し、究極的に人件費の削減を実現します。

結果

パイントップには今年も冬がやってきますが、Pinetop Waterが冬を恐れる時代は終わりました。オフィスから検針し、かつては延期されていた完全なシステムメンテナンスも実施できます。顧客への請求には遅れがなく、顧客が休暇中に漏水が発生しても見逃すことがなくなりました。

Pinetop Waterは、ビジネスケースで、この実装を正当化した際、節約した業務時間からの投資見返りがあると予測しました。予想していなかったことは、水の使用量の検出による増収です。

Benson氏は、「SensusのFlexNetシステムの利点はすぐに現れました。古いメーターの多くは、低流量の使用量を検出できませんでした。現在、水の使用量をすべて課金し、漏水の監視も完璧です」と述べています。

リモートによる水タンクと井戸の監視も、パイントップの節水に役立っています。手動監視は、多くの場合、タンクに過剰な水を貯めることにつながり、水を無駄にしていました。自動化により、水タンクは必要なときに満たされるため、Pinetop Waterは、水位が常に監視されていることを認識して、顧客サービスに集中できます。

わずか5人のスタッフをかかえるパイントップは、アウトソーシングのデータ管理により、追加スタッフの時間または重大なIT投資を必要とせずに、スマート水道ネットワークと自動化の完全な利点を享受できます。ネットワークサービスのアウトソーシングは、スタッフの時間とオーバーヘッドコストを節約できます。また、システムを使用することによる、システム停止を経験したことがありません。

Sensusのスマート水道ネットワークソリューションは、従業員、住民や将来の世代によりよい生活をもたらし、パイントップの水管理に包括的なアプローチを提供します。

PDFダウンロード

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文