ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

信頼性と効率を高めるためにSensusのFlexNet®システムを使用するテネシー州のDickson Electric

テネシー州ナッシュビルの南西に位置する、Dickson Electric Systemは、モンゴメリー、チーザム、ヒックマン、ディクソン、ヒューストン郡にわたり、30,000以上の家庭および商用顧客にサービスを提供しています。サービス地域は、主に郊外の地形で構成され、配電線は約2,600マイル、約90平方マイル広がっています。

過去100年間、Dicksonは、利用情報を収集し、顧客の定期的なメンテナンスや停電管理サービスを実行するために、契約検針担当者に頼っています。この種のサービス提供には重要な多くの欠点があり、主に、停電時の残業や週末のサービスに支払う人件費に関連しています。

Dickson Electricが直面していた別の課題は、悪天候の問題でした。この地域は、通常3か月冬季となり、何日にもわたり、担当者がメーターにアクセスできないほどの氷結にしばしば見舞われます。

Dicksonが克服したかったもうひとつの問題は、検出できないサービスの盗難でした。メーターの改ざんは、常に窃盗の正確な時間と場所を特定できなかったため、防止に苦労する散発的問題となっていました。

課題

これらの課題の組み合わせにより、Dickson Electricの経営陣は、ユーティリティのサービス提供を強化するために可能な複数の解決策を考慮することに踏み切りました。契約業者を使用していた長い歴史を考えると、ユーティリティ企業は、AMI(Advanced Metering Infrastructure)ソリューションを設置するコストに対し、手動メーターの検針コストがどの程度かかるかについて、正確に把握していました。AMIアプリケーションの実装に対する予想投資の大きな見返りは、Dicksonに決定プロセスの最後の一押しを与えました。

最初、Dickson Electricは、電力線搬送ソリューションとメッシュネットワークの両方を検討しました。

電力線搬送ソリューションにより、データスループットは、わずか15分間隔のポーリングで遅く、リモートの遮断/再接続といったアプリケーションの検針能力を超えた柔軟性がありません。Dickson Electricは、さらに多くのサービス基盤を提供することに興味があったので、限られたソリューションは、実行可能な選択肢ではありませんでした。

Dicksonにとって、サービスエリアをカバーするために必要となるデータ収集の大規模な設置ベースから無免許スペクトルを介した信号干渉と固有のメンテナンス問題が発生する可能性があるため、無線メッシュトポロジーは理想的なオプションではありませんでした。

ソリューション

dickson-electric-ami

Dickson Electricは、デスクトップコンソールからのFlexNetでそのAMIアプリケーションを管理します。FlexNetは、より高速なシステムの復元を実現するため、Milsoft派遣システムと統合されています。

Dickson Electricは、デスクトップコンソールからのFlexNetでそのAMIアプリケーションを管理します。FlexNetは、より高速なシステムの復元を実現するため、Milsoft派遣システムと統合されています。Dicksonは、リモート遮断/再接続、電圧監視、配電自動化、SCADAに対応するために動的なプラットフォームを提供するソリューションの実装を求めていました。Tennessee Valley Authority(TVA)と計画されていたパイロットプログラムの準備をしていたこのユーティリティ企業は、電圧低下、ピーク負荷管理を中心に、配電自動化を導入したいと考えていました。

ライセンスされたスペクトルを介したポイントツーマルチポイント(PMP)無線トポロジーを使用する固定ベースのネットワークは、Dicksonにとって、安全で信頼性の高いネットワークを実現するための明確な選択肢となりました。PMPには、タワーゲートウェイ基地局から転送されたデータを受信する、地域のネットワークインターフェイス(RNI)を伴います。チャネル割り当ての結果、RNIのアルゴリズムは、ネットワークの需要を継続的に監視および調整し、遅延を可能な限り低く抑えるよう、負担の少ないチャネルを介して信号を割り当てます。このアーキテクチャは、メッシュトポロジーを上回るPMPネットワークのスループットを提供し、ライセンス化されたスペクトルで動作するという利点を有しています。

Dicksonとその顧客にとって、より高速なデータスループット、高い信号範囲とPMPの低いフットプリントは、最高のパフォーマンスを提供し、単一のネットワーク上のすべての必要なタスクを達成しました。この特定のケースでは、SensusのFlexNet®システムが採用されました。

盗難に強力な抑止力

新しく設置されたSensus電気メーターのひとつでデータを改ざんする行為は、強力な暗号化キーテクノロジーとデバイスに内蔵されたその他のセーフガードにより困難になります。古いアナログメーターが、デジタルユニットに置き換えられた際、多くの場所で改ざんの証拠が見つかりました。新しいAMIシステムは、特定のアドレスで任意の停電を担当者に警告します。イベントの証拠となるシーケンスが発生し、特定のメーターがより頻繁にその隣接メートルよりも通電されていない場合、顧客がメーターを改ざんするため、メーターベースの周りにジャンパーを設置するために、メーターが取り外された可能性があります。

改ざんイベントは、Dicksonの新しいAMIシステムが導入される数週間以内に発生しました。これらの電圧損失は、24時間無休の監視官のように動作するメーターを使用し、データヒストリアンにより、営業時間に記録されました。ゆっくりと、しかし確実に、検針を回避しようとする少数の顧客は、このタイプの活動が見過ごされなくなるだろうと認識しています。

検針以上の機能

ネットワークは、非常に信頼性が高く、応答速度に優れていることが証明され、システムの使用やメンテナンスは著しく容易でした。6つのネットワーク基地局に加え、Dicksonは、ネットワークバックホールのために約100マイルの光ファイバケーブルを設置。SCADA機能の帯域幅を割り当てました。FlexNetシステムは、停電時と高速回復の顧客ニーズに対応するため、Milsoft派遣システムを含むすべての企業システムに統合されています。

Dickson Electricは、TVAとの10年のパイロットプログラムに尽力しています。これは、主にAMIに加え、電圧低下やシステム最適化の直接負荷制御で構成されています。そのサービスエリア全体にテクノロジーを拡大する計画がすでに立てられていますが、パイロットプログラムでは、Dicksonのグリッドの5%を対象としています。特にすべてのコンデンサバンクを自動化することで、volt/varの最適化と力率範囲外となった場合の規制罰則への対応を通して、安定した負荷プロファイルを提供できます。

まとめ

FlexNet無線ネットワークは、多くの業務の既存プラットフォームで、将来のアプリケーションの基盤となります。初期のプロジェクトには、コンデンサバンク、電圧レギュレータの自動監視および制御、障害に対応するため、無線ネットワークを介した再クローザーのダウンロードが含まれます。Dicksonは、相電流、動作状態、多くの操作など、これらのデバイスから得たデータを駆使しています。今後の計画は、ネットワークを介して、ピークシェービングを実現する直接負荷制御の形成、およびHVACユニットと電気温水器に関する家庭内機器への直接通信です。

PDFダウンロード

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文