ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

モナカ自治区が、持続可能性への道をまた一歩前進

PAの町がスマート水道ネットワークを導入

ピッツバーグの25マイル北西に位置するモナカは、約6,000人の趣あるコミュニティです。人口は少ないものの、持続可能性について、町の境界として流れるオハイオ川のように深い信念を持っています。

持続可能なピッツバーグプログラムの助けを借りて、この自治区は、実績を評価し、改善の余地があることがわかりました。自治区のマネージャーであるMario Leone Jr.は、持続可能性の強化をこの町で推進するだけでなく、このコミュニティが他の町の見本になれると信じています。

この町の持続可能性への取り組みで、ペンシルベニア南東部持続可能コミュニティプログラムからゴールドスターを受けたこの町は、素晴らしいスタートを切りました。

課題

持続可能性を向上させるために重要な機会のひとつは、自治区の水道システムにあります。漏水が発生しやすく、老朽化したシステムを抱える自治区は、生産性の向上、課金精度の向上、コストの節約につながる新しくクリーンなテクノロジーへのアップグレードが必要であると気付きました。

自治区は、約20,000フィートに及ぶ水道ラインのアップグレードに着手することで、パイプの破裂を削減し、水質と水圧の改善を目指しました。次に、この町は、Sensusのスマート水道ネットワークソリューションをシステムに追加。2,438台の水道メーターを交換し、AMI(Advanced Metering Infrastructure)システムを使用して、固定ベースの通信ネットワークを展開しました。Permalog漏水検出とSensusのマルチアプリケーション、FlexNet®システムを併用し、SRIIおよびiPERL™水道メーターに接続しました。

モナカ自治区は、漏水が明らかになるまで待つことはできず、次の5つの主な課題を克服するのに役立つパートナーと製品を探し始めました。

  1. 時間と労力のコスト、機器や輸送コストを削減する
  2. 漏水の場所を特定することにより、復旧費用を削減する
  3. 化学的、電気的および機器の費用を低減することで、処理費を削減する
  4. くぼみや亀裂などの可能性を最小限に抑えることで、負債コストを削減する
  5. 顧客の自信を改善する

新しい水道ラインと水道ネットワークは、2026年までに自治区に260万ドルの節約をもたらすと期待されます。Leoneは、ピッツバーグポストガゼット紙の記者に、「私は良い環境を守ることを望んでいます。自分の子供のために持続可能な社会を作り上げたいのです。しかし、これを推し進めるのは、経済的な理由があります」と述べています。

結果

モナカ-ケーススタディ-14-番街-滝-作物

14番街にある滝は、漏水検出テクノロジーにより、無駄なコストがかかっていることが判明しました。

14番街の泉と滝は、この町の誰もが知っているランドマークです。急な丘の上、遠隔地に位置するこの滝は、よく知られているものの、その場所に足を運ぶのは容易ではありません。

この泉は自然の一部ではなく、しばらく前に破裂した水道管によるものであり、漏水検出テクノロジーにより、無駄なコストがかかっていることが判明しました。実際には、Permalog漏水検出とSensusのFlexNet™は、展開されてから数日以内に、この漏水を警告。8人の担当者が、数日の内に派遣されました。

Leone氏は、「この漏水は何年にもわたって存在していました。いつ始まったのか正確に知ることはできませんが、20年以上前になると推定されます」と語っています。

Leone氏は、1日あたり20万ガロン以上の水が漏れており、自治区は、これらの20年間に、約14.6億ガロンの水を失ったと言います。これはもう過去のことです。

漏水は修正され、水を節約できました。しかし、この泉への対策は、さらなる持続可能な社会を構築する道への一歩に過ぎませんでした。さらに多くのメリットがありました。モナカは、2,221件の水道アカウントを持っていました。新しい水道メーターの設置が完了してから、自治区は、実際には2,412件の水道アカウントがあり、191のアカウントが不足していたことを見つけました。Leone氏は、「測定しないものを管理することはできませんし、管理していないものを測定することはできません」と述べています。

 

私たちは、このテクノロジーへの投資に十分な見返りがあったと信じています。

 

より良い漏水検出およびリモート検針により、自治区のユーティリティ、残業や化学物質の予算は、そのスマート水道ネットワークの実装以来、着実に減少してきました。

現在、自治区は、検針効率の向上、オーバーヘッドコストの削減、簡単で確実かつ無制限の柔軟性を特徴とする顧客サービスの強化を実現しています。しかし、何事にも明日があり、さらなる対策が導入されています。モナカは、住民が自分の水の使用量を監視および管理するためにアクセスできるオンライン顧客ポータルを介してデータを提供することにより、環境保全を促進する対策として、リアルタイム検針の使用を望んでいます。

モナカと影響が及ぼされるコミュニティにとって、成功への道は、アクションを広げることです。Leone氏は、「私たちの保護活動を維持するため、市町村の関係者を教育する必要があるだけでなく、実践していかなければなりません」と述べています。

 

漏水の場所はいずれわかることですが、判明するまで待つことはできるのでしょうか? – 自治体マネージャー、Mario Leone Jr.

 

PDFダウンロード

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文