ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

カンザス州のガーデンシティが、電気と水道の顧客にスマートグリッドの利点を提供

背景

カンザス州ガーデンシティは、28,500人を超える住民に水道や電気のニーズを提供しています。市営ユーティリティプロバイダとして、ガーデンシティは、その市民に手頃な価格の電気と水を提供することに尽力しています。市は、既存の水道メータープロバイダであったSensusに、電気および水道の検針プロセスとテクノロジーの更新を求めました。

課題

数十年にわたり、ガーデンシティは、まず市によって管理される手動検針、その後、契約検針サービスを介して検針に頼ってきました。市の追加コストであっただけでなく、検針担当者が敷地を訪問するため、住民から不満の声が上がっていました。また、検針は、雪や氷が存在する冬季には困難になり、メーターにアクセスできなくなることから、推定使用量に基づいた請求が必要となっていました。

2008年、ガーデンシティは、リモート検針、正確な請求および顧客サービスの向上を可能にする固定ベースのAMI(Advanced Metering Infrastructure )システムの必要性を評価し始めました。また、ガーデンシティは、プロジェクトコストのコントロールに役立ち、ユーティリティ事業にさらに大きな効果を与えることができるような、水と電気の両方に対する単一のソリューションを求めていました。

ソリューション

ガーデンシティは、最終的に、スマートグリッドテクノロジープロバイダとしてSensusを選択する前に、多くの異なるAMIシステムを評価しました。Sensusは、過去に信頼できるパートナーであることが証明されただけでなく、完了または進行中の300を超えるスマートグリッドプロジェクトで、電気と水道の両方のAMIニーズに応えることができる数少ないプロバイダのひとつでした。

SensusのFlexNet® AMI通信ネットワークは、専用のライセンス化されたスペクトルを介した、ポイントツーマルチポイントネットワーク通信です。オープンスタンダードに基づくこのシステムは、電気と水道の両方のニーズに対応するだけでなく、スペクトルの複数のチャネルを割り当てることによって、1つのネットワークで複数のスマートグリッドアプリケーションをサポートできます。単一の通信ハイウェイとして機能するSensusのFlexNetシステムは、スマートグリッドプログラムの将来の拡張をサポートし、投資を保護しながらガーデンシティの当面のニーズを満たすことができました。

ガーデンシティは、11,400電気アカウントのSensus ICONA™A電気メーターの設置を完了しました。Sensusの水道製品を使用していたガーデンシティは、既存の8,500の家庭用、商用および産業用メーターでレジスタをICE TouchCouplerレジスタに切り替え、レジスタと同じ場所で、各メーターのスマートポイントを設置することができました。Sensusは、10マイル離れたわずか2軒のFlexNet基地局でサービス全体のエリアをカバーすることができました。

市の関係者は、Sensusおよび契約設置チームと協力し、既存のメーターアセットおよび設置の予備審査を実施。どの組織にとっても、スムーズで協力的なプロセスを完了しました。

結果

ガーデンシティは、市によって融資された330万ドルを費やし、2010年後半にFlexNetシステム、電気および水道メーターの設置を完了しました。市の関係者は、電子プログラムの投資について、3年以内に完全な見返りがあると推定します。

FlexNetシステムを導入以来、ガーデンシティはすでに初期の結果を享受し始めています。メーターからの入力データで顕著な増加を管理するため、ユーティリティ調整バックエンドプロセスとして必要となる、複数の初期的な文化の変化が認められました。これらの変化は、不正確な課金を修正する作業に追われていた課金担当者が、その作業から解放され、運用業務が著しく向上し、顧客が一貫性のある正確な請求書を受け取ることができるようになりました。

メーターからのデータは、課金部門によって収集され、処理するのに3日かかっていました。現在、情報は、マウスをクリックするだけで、15分間隔で収集し、利用できます。課金担当者は、このデータを使用して、詳細な情報を顧客の請求の質問に対処できるようになり、顧客満足度が高まったことは言うまでもありません。

さらに、ユーティリティ企業は、電力やハードウェアの盗難だけでなく、メーター改ざんも識別できます。電力は、リモートで接続、遮断できるため、これまで住宅や企業への訪問に費やしていた時間を解放できます。

市は、水道事業のデータを収集し始めたばかりですが、関係者は、漏水検知や通知が大幅に進歩したと、顧客からの肯定的なフィードバックを受けています。また、ユーティリティ企業は、配水システム全体の脆弱性を特定して修正する漏水検出とフローテストデータを使用しています。

現在、ガーデンシティは、投資を支援するデータを収集しながら、スマートグリッドへのスムーズな導入を確実にする市民との協力に焦点を当てています。ガーデンシティは、需要応答アプリケーションや家庭内デバイスを備えたネットワークホームエリアなど、今後3〜5年でスマートグリッドプログラムをさらに拡大する計画を持っているほか、使用時間による価格設定の実施を検討しています。

スマートグリッドでの経験が成熟するにつれて、ガーデンシティの関係者は、これらのテクノロジーが、都市とその住民にもたらす利点に期待し、他のユーティリティ企業と業界全体に学んだ重要な教訓を共有したいと考えています。

PDFダウンロード

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文