ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

SCADA-Xchangeインターフェイス

これらの地域で
ご利用可能:

説明

SCADAシステム用の強力なインターフェイス

SCADA-Xchange™インターフェイスは、既存のSCADAシステムやエネルギー管理シス​​テム(EMS)に、制御およびデータ収集機能を統合するための経済的な方法を提供します。SCADAシステムは、顧客のシステムに直接接続されているかのように、Sensusの自動化デバイスのいずれかからデータをポーリングできます。

SCADAシステムに対しては、SCADA-Xchangeインターフェイスは、その背後にある複数のRTUまたはインテリジェントな電子機器(IED)で、フロントエンドプロセッサ(FEP)またはリモート遠隔測定装置(RTU)として表示されます。様々なデバイスからのデータを受信できるよう、顧客のSCADAシステムは、SCADA-Xchangeサーバーをポーリングします。SCADA-Xchangeは、セキュアなTCP/IP接続を介して、DNP3プロトコルで、Sensusのフィールド機器からSCADAシステムにデータを提供します。変化が検出されると、イベントは、SCADAの他のアラームと同様に報告されます。

発信通信では、SCADA-Xchangeは、制御コマンドとユーティリティ企業のSCADAシステムからのレポート要求を解釈します。次に、AutomationControl™ソフトウェアアプリケーションを通してこれらのメッセージを、FlexNet®通信ネットワークまたはセルラーネットワークにより現場の装置に転送します。これらのコマンドは、RTUに送られた他のメッセージと同様に実行されます。コマンドには、レポート要求と制御コマンドが含まれます。

ビジネスへのメリット

  • ポーリングモデルとポーリングされるデータの量および種類について柔軟な制御を提供することにより、帯域幅を節約
  • FlexNetネットワークまたはセルラーデータネットワークを介した双方向通信を提供
  • 高い費用対効果により、分配資産にSCADAを拡張
  • セキュアな専用MPLS接続または仮想プライベートネットワーク(VPN)接続を介した通信
  • SCADAプロトコル開発や特別なインタフェースが不要
  • SCADAシステムで、複数のデバイスからデータを受信するための1箇所にポーリング可能
特長&ドキュメント
製品のドキュメントを検索

特徴

  • 3つのレポート方法:要求なしまたは例外によるレポート、時間でスケジュールされたレポート、および直接コマンドやクエリーによるレポート
  • TCP/IPまたはシリアルを介した標準DNP3プロトコル
  • 現場の機器との通信は、Sensus DAネットワークオペレーションセンター(NOC)のみが開始および受信
  • 256ビットSSL暗号化をサポート
  • 他のSCADAプロトコルをサポートするコンバータも利用可能

仕様

  • Sensus DA NOCは、インターネットバックボーンへの冗長OC48/OC12接続によってサポートされており、施設は、Cisco Seal承認、セキュアカードアクセス、セキュリティカメラ、火災抑制システム、バックアップ発電機を維持します。
  • すべてのAutomationControl™サーバーとすべてのSCADA-Xchangeトランザクションは、ハードウェアとソフトウェアのファイアウォールで保護されます。サーバーは、最新のセキュリティアップデートで維持され、セキュリティの脆弱性のスキャンが定期的に実行されます。
  • AutomationControlサーバーは、256ビットSSL暗号化をサポートします。各Webセッションは、新しい256ビットの暗号化キーで保護されます。
  • SCADA-Xchangeのセキュリティを強化する複数のオプションを利用できます。これらのオプションには、MPLS、VPN、SSL接続、その他の多様な暗号化オプションが含まれます。
代替プロトコル
  • DNP以外のSCADAプロトコルをサポートするプロトコルコンバータを利用できます。ほとんどの代替プロトコルは、RS-232の物理リンクに基づいているため、プロトコルコンバータは、通常、RTU通信に使用されるRS-232ポート近くにあるユーティリティ企業のSCADA施設に配置されます。
  • 典型的な構成では、SCADA-Xchangeインターフェイスは、Windowsと互換性のあるコンピュータで実行される応用システム工学(ASE)からRCOMプロトコルコンバータと通信するために、DNP-TCP/IPを使用します。RCOMは、DNPからほとんどのRTU/IEDプロトコルに変換します。標準の8チャネルインターフェイスを使用して、SCADA-Xchangeは、同一または異なるプロトコルを使用する複数のシステムと通信可能です。
この製品の詳細については、データシートをダウンロードしてください。
関連セクション

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文