ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

Remote Telemetry Module(RTM IIおよびRTM II+)

これらの地域で
ご利用可能:

説明

スマート通信ゲートウェイと制御

SensusのRemote Telemetry Module™(RTM II、RTM II +)は、強力な無線通信プロトコル処理ゲートウェイです。SensusのFlexNet®通信ネットワーク、3Gフォールバック付きAT&Tの4G/LTE、Verizonの4G/LTEセルラーネットワークを活用することで、インテリジェントな電子機器(IED)の遠隔監視および制御を可能にします。

RTM IIおよびRTM II+プロセッサとも、シリアルインターフェースを介して、標準DNP3/IEEE 1815とModbus通信プロトコルを組み込む配電自動化(DA)およびSCADA現場デバイスと接続します。RTM II+は、Ethernetを介しても接続できます。

エンドツーエンドシステムの相互運用性を活用するには、AutomationControl™ソフトウェアプラットフォームを使用してください。このソフトウェアを使用すると、Sensusの順応性SCADA-Xchange™インターフェイスを介して、DNP3 M2Mプロトコルをサポートするサードパーティ製SCADAソフトウェアプラットフォームとの容易な統合が可能になります。

これらのモジュールのアプリケーションには、以下が含まれます:

  • 再閉路
  • コンデンサバンク
  • 電圧レギュレーター
  • ラインスイッチと断路器
  • 配電サブステーション
  • 地下ソリューション
  • 水道とガスのSCADA自動化

ビジネスへのメリット

  • SensusのFlexNet通信ネットワーク、3Gフォールバック付きAT&Tの4G/LTE、Verizonの4G/LTEセルラーネットワークを介した双方向通信
  • インテリジェントSCADA現場デバイスのリモート監視と制御
  • サードパーティ製SCADAソフトウェアとの統合
  • 通信に関連するコスト管理を支援
特長&ドキュメント
製品のドキュメントを検索

特徴

  • IEDの状態とレポートのユーザー設定データ、イベントとアラームのを監視
  • Cooper Power Systems、ABB, Schweitzer Engineering Laboratories、S&C Electric Company、GE、T&B/Joslyn Hi-Voltage、ICMIなどの、トップ製造企業からのIEDと通信するよう、特別に設計
  • IEDを備えた標準のRS-232シリアル接続を介して通信します(RTM II+もRS-485をサポート)。RTM IIは、マスター/スレーブ関係のマスターとして機能し、情報のIEDポーリングします。
  • 最大5つのDNP3デバイスアドレスまでサポートし、異なるDNP/IECポイントマップ/プロファイルをサポート

仕様

FlexNet通信ネットワーク

  • 送信電源:2W
  • 周波数:900MHz帯
  • プライマリライセンス
  • SMAアンテナコネクタ

セルラーネットワーク:

  • AT&T:3Gのフォールバックを備えた4G/LTE
  • Verizon:4G/LTE
  • 送信電源:
    • 3G:2W(GSM)、0.25W(WCDMA)
    • 4G:0.2W(LTE)
  • 周波数:
    • 3G:850/1900 MHz
    • 4G:700/850/1700/1900 MHz
  • 2つのSMAアンテナコネクタ(メインおよび多様)

この製品の詳細については、データシートをダウンロードしてください。

関連セクション

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文