ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

AutoRead®ソフトウェア

これらの地域で
ご利用可能:

説明

AutoRead®ソフトウェアパッケージで、運用の効率化を高め、検針および請求プロセスを簡素化してください。このプログラムは、単一の検針システムを通して、Sensusのエンコーダベースの自動検針(AMR)システムをすべて管理する柔軟性を提供します。これは、FlexNet®通信ネットワーク、AMRおよびTouchRead®システム、コンピューター化された課金システムとのインターフェイスに理想的な通信ブリッジです。

検針の方法がウォークバイであってもドライブバイであっても、AutoReadは、最新のルート情報を提供します。異常に高いまたは低い測定値や誤読から、発生する可能性がある危険の程度情報まで、すべてを管理できます。

AutoReadを使用すると、コンピューターにメーターのデータを手動で転送する必要がなくなります。その代わりに、Sensusハンドヘルド機器または車載ゲートウェイ基地局(VGB)から集められたメーターのデータをアップロードして準備し、課金システムに転送できます。AutoReadは、ASCII II ファイルを送受信することで、他のPCベースまたは既存のメインフレームの課金および会計システムとのインターフェイスにも利用できます。

また、AutoReadは、ユーティリティの検針業務、スタッフの活動、サービスの問題に関する概要を提供する管理レポートを生成します。統計レポートは、メーターの読み取り間の経過時間やそれぞれの読み取りが発生した日付と時刻を示します。この情報は、検針の進捗状況を測定し、担当者のパフォーマンスレベルに適合するようにルートを再編成する必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

ビジネスへのメリット

  • FlexNet®通信ネットワーク、AMRおよびTouchRead®システム、コンピューター化された課金システムとのインターフェイス
  • 運用の効率化を推進
  • 請求プロセスを簡素化
  • 選択したSensusメーターシステム用のルート情報を作成
  • 効率を改善するための管理レポートを生成
特長&ドキュメント
製品のドキュメントを検索

特徴

  • 使いやすい機能
  • オプションのプルダウン画面
  • バックアップと復元機能
  • Microsoft® Windowsオペレーティングシステムとの互換性

ハードウェア最低要件

  • オペレーティングシステム
    • Windows 7、8、10 Professional(32、64ビット版)
  • プロセッサ
    • Intel 7th generation i5 Uシリーズ2.5GHz
  • メモリ要件
    • 2 GB RAM(32ビット)
    • 4 GB RAM(64ビット)
  • ハードディスクスペース
    • 250 GB以上
  • 通信ポート
    • AutoVu
      • VXU:シリアルポート×1*またはUSBポート×1
      • VGB:USBポート1つ
      • VGB/VXUコンボ:USBポート×1/シリアルポート×1*またはUSBポート×1
      • GPS(必要に応じて):USBポート1つ 注:Windows 8および10は、Global Sat BU-353S4 USB GPSレシーバを使用する必要があります。
    • AutoRead
      • 充電スタンド:シリアルポート×1*またはUSBポート×1
    • Ethernet/WiFi(HHD 650xの使用はオプション)
* 搭載型のシリアルポートを利用できない場合、シリアルアダプターに接続するUSBが必要です。  (OGear -GUC232Aを推奨します。) この製品の詳細については、データシートをダウンロードしてください。
関連セクション

お問い合わせ

何かご質問はありますか? Sensusの経験豊富なスタッフが、ご質問の答えを見つけるお手伝いをいたします。下のリンクをクリックしてご連絡いただくか、お近くのオフィスを検索してください。

お問い合わせ

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文