ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ニュースリリース

イタリアの水道専門家が集まる「アッカドゥエオ2014」で最優秀イノベーション賞

センサスの水道スマートメーターiPERL が「地球の将来を拓く次世代ネットワーク」と評価

クリーンテクノロジー・ソリューションのリーディングプロバイダーであるセンサスの水道スマートメーター「iPERL™」が、イタリアのボローニャで開催された「アッカドゥエオ2014 – 第12回上下水処理・配水技術国際展」(10月22日~24日)で表彰されました。

100以上の製品が展示される中、iPERLは水道業界の専門家で構成されるH2O技術科学委員会により最終候補の3製品の1つに選出され、計量器部門で「最優秀イノベーション賞」を受賞しました。受賞にあたり、「地球の将来を拓く次世代ネットワーク」の一翼を担う製品として同委員会から賞賛されました。

欧州と中東を管轄するセンサスEMEAのバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、Roland Rottは次のように述べています。「イタリアの水道業界の専門家が集まる権威のあるアッカドゥエオ2014での受賞を大変嬉しく思います。イタリアの水道業界は、漏水管理とその対応に必要な技術や通信への関心を高めています。iPERLが実証済みのソリューションであることは、業界が認めているだけでなく、すでに世界中に200万台以上のiPERLメーターが設置されている事実からもお分かりいただけます」。

センサスのiPERLスマートメーターは、双方向通信機能を搭載しており、15年もの動作寿命を誇ります。残留磁界技術を採用し、漏水検知と、低流量域における無収水量の計量に比類ない精度を発揮します。iPERLが提供するデータを活用することで、水道事業者は、漏水や使用傾向の変化などを把握しながら、節水を利用者に促し、自社施設の運用コストも削減できます。

センサスジャパン株式会社のカントリー・マネージャー、中 敏行は次のように述べています。「日本でも世界と同様に、水道事業者に対する漏水削減の要求は、ますます強まっています。その理由は、漏水は水道事業者だけでなく、利用者のコスト面と環境にも大きな負担となる可能性があるためです。iPERLは、この重要な課題への対応において水道事業者を支援するリーディング・プラットフォームであると確信しています」。

報道関係のお問い合わせ

株式会社トークス(センサス広報代理店)
担当:ダニエル・フェイス/川嵜
TEL: 03-3261-7715
FAX: 03-3261-7174
MAIL: sensus@pr-tocs-co.jp

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文