ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

Sensus RF

これらの地域で
ご利用可能:

データ収集のための高度なウォークバイ/ドライブバイ無線システム

Sensus RFは、バッテリー駆動エンドポイント用の最適化された、ライセンスフリーの無線通信システムです。これは、メーターエンドポイントからデータを取得した後、さらなる処理および分析のためにそのデータを提供。課金およびネットワーク管理のための情報を作成するための高度なシステムです。

これは、エンドポイント自体を変えることなく、ウォークバイ/ドライブバイシステムによるモバイル読み取りから固定インフラストラクチャエンドポイントのリモート読み取りに移行する道を提供します。Sensusのリピーターとゲートウェイを使用すると、数多くのエンドポイントに無線の通信範囲を拡張できます。

Sensus RF無線には、2つの通信モードがあります。これは、検針やアラーム情報を提供する単方向の、バブルアップ(BUP)データパケットを使用して、迅速かつ確実に必要な情報を提供します。または要求に応じて、双方向モードを備えた拡張データセットを提供することも可能です(Listen After Talk [LAT])。双方向通信を使用すると、完全なデータロガーの履歴を含む、特定のデータを取得できます。この機能は、アラームのレベル、アラームのリセットおよびその他の設定のリモート構成を可能にします。

Sensus RFは、433 MHzおよび868 MHzのフリー周波数帯の両方で利用できます。Sensusのソフトウェアツールを使用して、設置や読み取りのデバイスを設定し、エンドポイントを設定できます。Sensusのソフトウェアを使用すると、既存のシステムにツールを統合可能。データをエンドポイントからインポートおよびエクスポートし、ネットワークからの単一アドレスまたはブロードキャストを読み取ることができます。収集したデータは、ネットワークを分析および管理し、顧客への課金に使用することが可能です。

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文