ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

お勧めのケーススタディ

Dickson ElectricはSensusで停電発生時の応答時間を迅速化している

停電は公益事業では避けがたい現実です。まずは、電力供給を一刻も早く復旧する方法を探すことが先決です。Dickson Electric Systemの場合もその例外ではありません。 米国テネシー州に本社を置くDicksonは、7つの郡にまたがる700平方マイル(約1813平方キロメートル)にわたって、36,000軒以上の住宅や商業施設に電力を供給しています。 Dickson Electricのサービスエリアでは氷嵐が頻繁に発生し、数千の顧客に影響する大停電につながることがあります。停電の規模に関わらず、公益施設のスタッフに、顧客の電話だけに頼って停電の正確な情報を突きとめて対応するには無理があることがわかりました。 「停電になると、お客様が電話をかけてきますが、サービスエリアのどのくらいに影響があったかを正確に判断するのは難しい場合があります」と、Dickson Electricのゼネラルマネージャー、Darrell Gillespieは述べました。「何人のお客様が影響を受けたかを知るには何時間もかかり、営業時間外にトラックを出すこともあり、費用が嵩みます。」 主要プロセスの自動化 停電発生時の対応時間を速めるには、データ収集を自動化して、そのデータを使って停電の正確な位置を特定する手段が必要であることをDickson Electricはわかっていました。電力線通信(PLC)ソリューションとメッシュネットワークを検討した結果、DicksonはSensusの固定ベースのAMI(高度メーターインフラ)ソリューションを使用してインフラを徹底的に整備することにしました。この改修には、電気メーターの交換や、本社にデータを送信するための双方向通信ネットワークへの投資を含みます。 「電気システムを最適化して、電力をもっと効率的に供給できるようにしたかったのです。そして、AMIシステムへの移行がそれを叶えてくれるものと期待していました」とGillespie氏。 正しいソリューションを見つける 複数の事業者の提案を検討した後、Dickson ElectricはSensus AMIソリューションを使用してそのインフラを一新する選択をしました。これは、Dicksonが探し求めていた利点をすべて提供していました。例えば: データ収集の自動化 リモート接続/切断 CVR(保全電圧削減) 配電自動化 Dicksonのソリューションは、Sensusの電気メーター、Stratus®、iConA™、Elster A3 ALPHA®が含まれていました。これはFlexNet®通信ネットワーク上で実行し、Sensus専門サービスのサポートが付きます。 FlexNetシステムを使用して、Dicksonが停電情報を安全で安定した双方向ネットワークで転送する間、Stratusメーターが停電中の迅速なサービス復旧を助けると同時に、メーターのリモート切断を可能にして盗電を防ぐことができます。 「これは当社になくてはならないものになっています。」 完全に実装されたAMIソリューションを使用して、Dickson Electricは応答時間を大幅に縮めて、停電の規模にかからわずスピーディー復旧が可能になりました。今では、停電中にメーター何個が影響を受けたかをチームが正確に知り、より早く復旧対策を決定できます。 「大規模な停電にも小規模な停電にも迅速に対応できます」とGillespie氏。私たちは営業時間後にトラックを走らせません。それだけでも大きなコスト節約になります。これは当社になくてはならないものになっています。 Gillespie氏は、SensusのAMIシステムが期待以上の成果を発揮した事例の1つを思い起こしています。 「最近、この地域で約12,000人のお客様に影響する大きな氷嵐がありました。私たちは、発生した被害の大きさを数時間以内に特定し、応答時間を4~6時間短縮できました。大した違いに聞こえないかもしれませんが、復旧の大きなジャンプスタートとなり、プロセス全体の効率的な管理に役立ちました。」 付加価値の提供 停電の復旧以外にも、Dickson ElectricはSensus AMIの実装から数多くのメリットを体験しました。すべてはお客様によりよいサービスを提供することが目的です。次のような機能を含みます。 顧客の引越し時にメーターをリモートで接続・切断する Stratusメーターの高度な機能を使用して改ざんや盗電を防止する 手動で検針するために送るトラックの数を減らして出張サービスに関連する運営コストを節約する 顧客に正確でタイムリーな使用状況データを提供してエネルギーの賢い使い方を応援する Dicksonが未来に期待を寄せる中、公益事業はSensus AMIの道を開く次のフロンティアとしてデータ解析に注目しています。 「私たちは長年にわたって顧客データを蓄積してきたので、今ではデータ分析を調べて、給電システムにその他の改良を組み込み、効率性を最適化できるようになりました」とGillespie氏。「こうした便益のいくつかをやっと実現し始めたところで、まだ模索さえしていない多くの機会があります。」  

続きを読む
loading animation Older Entries

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文