ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

%sから来ているようですが、現在のサイトは北米です。Asia-Pacificに変更しますか?
はい 番号

ホワイトペーパー

堅牢でミッションクリティカルなIoT通信ネットワークに欠かせない4つの柱

IoTネットワークプロバイダーを選択する際に、考慮する必要がある4つの最も重要な事項

ミッションクリティカルなIoTというのは、公益企業が実装している、ガス、電気、水道のネットワークに関して、ほぼリアルタイムの通信を実現する、インテリジェントネットワークを説明する場合に用いられる用語です。このようなネットワークのいずれかで障害が発生すると、消費者に壊滅的な結果をもたらし、公益企業に莫大な経済的損失をもたらすことになりかねません。このようなネットワークが象徴する重大な側面によって、適切な通信テクノロジーを提供できるサプライヤを選択することの重要性が否応なく高まります。

常に顧客獲得を狙っている、販売が好調で大規模なグローバル企業が溢れているような業界では、十分な情報に基づいた意思決定が困難になる可能性があります。しかし、Sensusのような企業は、世界中で研究開発に毎年、百万ドル単位の金額を投じ、ミッションクリティカルなIoTが完全に機能する現実であることを保証しています。

本ホワイトペーパーでは、Sensusは広範な公益企業の顧客調査を実施し、IoTネットワークプロバイダを選択するときに考慮しなければならない、4つの重要不可欠な要素を絞り込みました。

  1. 商業リスクと課題 – 公益事業中心ではないプロバイダーの過剰な売り込みをどうやってしのぐか
  1. 認可された共有ネットワークと専用ネットワーク – どちらがよいか
  1. バッテリー寿命 – 数十年続くSLAが実際に存在するのか
  1. セキュリティ – ネットワークと収集したデータのセキュリティをどうやって確保するのか

お住まいの地域を選択してください:

アジア太平洋地域 (APAC)

Europe, Middle East, and Africa (EMEA)

ラテンアメリカとカリブ海 (LAR)

北米 (NA)