ウェブページが正しく表示するためにも、最新版のブラウザをお使いください。

ケーススタディ

お勧めのケーススタディ

東部市水道区が、メーター検針の精度を向上

東部市水道区(EMWD)の現場技術者は、1437.44平方キロにわたるサービスエリア全体の148,000台に及ぶメーターを手動で検針していましたが、これは困難な作業でした。現場技術者は、干ばつに見舞われて乾燥したカリフォルニア州リバーサイド郡を何日もかけて移動し、水道メーターの場所まで出向かなければなりませんでした。さらに、データが失われたことにより、問題が起こる前にデータを分析して、顧客の水利用がより効果的になるのに役立つ顧客サービスを提供するという目標が十分に達成できませんでした。 「EMWDは、節水が可能な効率的な環境を作り上げ、顧客に提供するため、業界最先端の技術を実装しています」と、EMWDのメーターサービス担当マネージャーのDavid Gayneaux氏は述べています。「これにより、経済的に責任ある方法で、水漏れによって失われる水を抑えることが可能になります」 拡大する顧客基盤に、可能な限り最高のサービスと長年にわたって水を提供していくために、このユーティリティ企業は、より正確なデータを迅速に得ることが必要でした。 人口増加の管理 カリフォルニア州ペリスに本社を構えるEMWDは、リバーサイド郡の7都市にサービスを提供する、カリフォルニア第6位の水道事業機関です。795,000人からさらに増加する個人にサービスを提供するこの南カリフォルニアの水道事業機関は、拡大する顧客基盤に対応するため、メーターの設置を急いでいます。この4年間だけでも、7,000を超える新たな住宅および商業メーターが設置されました。 増え続ける顧客から毎月データを収集しなければならないうえ、カリフォルニアの継続的な干ばつにより、新たな規制の課題が生まれ、時間と水の節約に迫られていました。 資源を節約するのに必要なデータ 効率を高めるため、EMWDは、検針に新しいプロセスに投資しました。節水を実現できるよう、このユーティリティ事業は、高い使用パターンを監視し、顧客が水の予算を超過しているエリアを特定することに加え、システム全体の水漏れを検出しなければなりません。これまでは、正確なデータがなく、消費者を教育し、水漏れを特定することが困難でした。 EMWDは、顧客に屋内と屋外の水の予算を提供する、配水ベースの料金構造を使用しています。スマート水道ネットワークを通してさらなるデータを得ることで、水の予算への準拠をより良く追跡し、水漏れ検出に関して顧客を積極的に支援できるようになりました。 新しい技術の利用 EMWDは、Sensus FlexNet®通信ネットワークを展開し、運用の強化を実現。成長する人口のニーズに応えています。このユーティリティ事業は、遠隔から検針するためのFlexNetシステムに依存し、手動で検針していた状況を大きく改善しました。実際、EMWDは、Sensus技術を使用して、52,000台以上のメーターを検針しています。 また、EMWDはFlexNetを使用して、以下のことを実現しています。 正確なデータを適時に収集 顧客のレポートを生成 使用状況の分析 節水 運用の効率化を向上 Gayneaux氏は、「FlexNetを使用すると、顧客が水の予算を超えた場合に、注意勧告を送信できます。これにより、常に変化する規制環境において、州全体で行われている節水活動の支援に貢献しています」と語っています。[/sensus_pull_quote] 新たな機会につながるリモート検針 EMWDのリーダーたちは、FlexNetがなければ、増え続ける顧客の検針を行うために最大8人の追加スタッフが必要だと推定しています。FlexNetを利用することで、社員は、データを分析し、より良いサービスを顧客に提供するために収集された洞察を使用することに集中し、水利用の効率と節水の実現を支援できます。 ケースのポイント:ユーティリティ事業は、技術を展開してから2日以内に水漏れを特定。すぐに問題に対処できました。庭の傾斜したエリアにある擁壁により、壊れたスプリンクラーヘッドが見えなくなっていたため、水漏れを見つけることが困難でした。EMWDが水漏れをタイムリーに検出していなければ、この顧客の月額水道代は、倍になっていたことでしょう。 しかし、その効果は、水漏れ検出だけではありません。 顧客にパワーと与えるデータの使用 FlexNetは、新しい監視の可能性の扉を開き、節水や干ばつとの戦いに顧客を結集する革新的な方法を実現しました。連続使用レポートは、高い消費レベルを示す消費者を特定します。EMWDのスタッフは、電話、メール、テキストメッセージを介して顧客に連絡。水利用の増加を顧客に伝え、問題の修復を奨励します。現在までに、2,600人の顧客が、住宅での連続使用に関して連絡を受け、そのうち2,300人で水漏れの兆候がなくなりました。 Gayneaux氏は、「州による干ばつの義務に遵守できるよう、屋外散水について一定の制限を設けています。FlexNetを使用すると、顧客が水の予算を超えた場合に、注意勧告を送信できるため、節水措置の推進に役立ちます」と述べています。 将来の機会 柔軟でスケーラブルな技術であるFlexNetは、リバーサイド郡に、何人の顧客や企業が移転してきても、正確かつ信頼性の高い検針を可能にします。 Gayneaux氏は、「正確な検針やデータ監視は、FlexNetの利点の始まりに過ぎません。技術の利用を拡大し、顧客が水の消費を自ら監視できる顧客ポータルの開設をはじめ、顧客により優れたサービスを提供することを目指しています」と述べています。 FlexNetシステムは、意味のある利点をEMWDに提供するだけでなく、今後何年にもわたって持続的な成長が続いても、そのサポートを提供できるため、将来の準備にも役立っています。

続きを読む

東部市水道区が、メーター検針の精度を向上

東部市水道区(EMWD)の現場技術者は、1437.44平方キロにわたるサービスエリア全体の148,000台に及ぶメーターを手動で検針していましたが、これは困難な作業でした。現場技術者は、干ばつに見舞われて乾燥したカリフォルニア州リバーサイド郡を何日もかけて移動し、水道メーターの場所まで出向かなければなりませんでした。さらに、データが失われたことにより、問題が起こる前にデータを分析して、顧客の水利用がより効果的になるのに役立つ顧客サービスを提供するという目標が十分に達成できませんでした。 「EMWDは、節水が可能な効率的な環境を作り上げ、顧客に提供するため、業界最先端の技術を実装しています」と、EMWDのメーターサービス担当マネージャーのDavid Gayneaux氏は述べています。「これにより、経済的に責任ある方法で、水漏れによって失われる水を抑えることが可能になります」 拡大する顧客基盤に、可能な限り最高のサービスと長年にわたって水を提供していくために、このユーティリティ企業は、より正確なデータを迅速に得ることが必要でした。 人口増加の管理 カリフォルニア州ペリスに本社を構えるEMWDは、リバーサイド郡の7都市にサービスを提供する、カリフォルニア第6位の水道事業機関です。795,000人からさらに増加する個人にサービスを提供するこの南カリフォルニアの水道事業機関は、拡大する顧客基盤に対応するため、メーターの設置を急いでいます。この4年間だけでも、7,000を超える新たな住宅および商業メーターが設置されました。 増え続ける顧客から毎月データを収集しなければならないうえ、カリフォルニアの継続的な干ばつにより、新たな規制の課題が生まれ、時間と水の節約に迫られていました。 資源を節約するのに必要なデータ 効率を高めるため、EMWDは、検針に新しいプロセスに投資しました。節水を実現できるよう、このユーティリティ事業は、高い使用パターンを監視し、顧客が水の予算を超過しているエリアを特定することに加え、システム全体の水漏れを検出しなければなりません。これまでは、正確なデータがなく、消費者を教育し、水漏れを特定することが困難でした。 EMWDは、顧客に屋内と屋外の水の予算を提供する、配水ベースの料金構造を使用しています。スマート水道ネットワークを通してさらなるデータを得ることで、水の予算への準拠をより良く追跡し、水漏れ検出に関して顧客を積極的に支援できるようになりました。 新しい技術の利用 EMWDは、Sensus FlexNet®通信ネットワークを展開し、運用の強化を実現。成長する人口のニーズに応えています。このユーティリティ事業は、遠隔から検針するためのFlexNetシステムに依存し、手動で検針していた状況を大きく改善しました。実際、EMWDは、Sensus技術を使用して、52,000台以上のメーターを検針しています。 また、EMWDはFlexNetを使用して、以下のことを実現しています。 正確なデータを適時に収集 顧客のレポートを生成 使用状況の分析 節水 運用の効率化を向上 Gayneaux氏は、「FlexNetを使用すると、顧客が水の予算を超えた場合に、注意勧告を送信できます。これにより、常に変化する規制環境において、州全体で行われている節水活動の支援に貢献しています」と語っています。[/sensus_pull_quote] 新たな機会につながるリモート検針 EMWDのリーダーたちは、FlexNetがなければ、増え続ける顧客の検針を行うために最大8人の追加スタッフが必要だと推定しています。FlexNetを利用することで、社員は、データを分析し、より良いサービスを顧客に提供するために収集された洞察を使用することに集中し、水利用の効率と節水の実現を支援できます。 ケースのポイント:ユーティリティ事業は、技術を展開してから2日以内に水漏れを特定。すぐに問題に対処できました。庭の傾斜したエリアにある擁壁により、壊れたスプリンクラーヘッドが見えなくなっていたため、水漏れを見つけることが困難でした。EMWDが水漏れをタイムリーに検出していなければ、この顧客の月額水道代は、倍になっていたことでしょう。 しかし、その効果は、水漏れ検出だけではありません。 顧客にパワーと与えるデータの使用 FlexNetは、新しい監視の可能性の扉を開き、節水や干ばつとの戦いに顧客を結集する革新的な方法を実現しました。連続使用レポートは、高い消費レベルを示す消費者を特定します。EMWDのスタッフは、電話、メール、テキストメッセージを介して顧客に連絡。水利用の増加を顧客に伝え、問題の修復を奨励します。現在までに、2,600人の顧客が、住宅での連続使用に関して連絡を受け、そのうち2,300人で水漏れの兆候がなくなりました。 Gayneaux氏は、「州による干ばつの義務に遵守できるよう、屋外散水について一定の制限を設けています。FlexNetを使用すると、顧客が水の予算を超えた場合に、注意勧告を送信できるため、節水措置の推進に役立ちます」と述べています。 将来の機会 柔軟でスケーラブルな技術であるFlexNetは、リバーサイド郡に、何人の顧客や企業が移転してきても、正確かつ信頼性の高い検針を可能にします。 Gayneaux氏は、「正確な検針やデータ監視は、FlexNetの利点の始まりに過ぎません。技術の利用を拡大し、顧客が水の消費を自ら監視できる顧客ポータルの開設をはじめ、顧客により優れたサービスを提供することを目指しています」と述べています。 FlexNetシステムは、意味のある利点をEMWDに提供するだけでなく、今後何年にもわたって持続的な成長が続いても、そのサポートを提供できるため、将来の準備にも役立っています。

続きを読む

新しいスマート水道ネットワークが、ナッシュビルメトロ水道サービスに完璧なハーモニーを提供

1800年代初頭以来、市民に清潔な飲料水を提供してきたナッシュビルの市政府は、水道産業で根深い歴史を誇ります。現在、ナッシュビルメトロウォーターサービス(MWS)は、ナッシュビルとその周辺の郡で、191,000件を超える顧客にサービスを提供しています。 これらの顧客数は、ますます増えています。200年に及ぶ優れた音楽の伝統だけでなく、コミュニティの優秀な大学、ユニークな歴史と活気に満ちた文化に魅せられて、毎年、この「ミュージックシティ」には多くの人々が移住してきます。MWSがこれらの移住者を歓迎するためには、質の高いサービスと運用の効率化が重要です。 社員を危険にさらす手動による検針 MWSの技術者にとって、特にユーティリティ事業の北部に位置する農村地では、ツタウルシや虫が多く、作業に支障を来すことも少なくありません。遠隔地に出向くため、技術者は、日常的に農地を歩き、危険な道路状況の中を運転し、手動で検針してきました。 MWSの顧客サービスアシスタントマネージャーであるGary Ragland氏は、「手動検針とデータ入力にはエラーがつきもので、メーターの再検針には高いコストがかかります。私たちは、技術者のリスクを軽減し、現場での効率を改善しながら、正確なデータを顧客に提供する、より優れた方法があるはずだと考えていました」と述べています。 遠隔メーターによる水漏れの検出 現場での危険性に加えて、メーターが、生い茂った植物、汚れや他の廃棄物で覆われていることも多々あります。これは、検針に時間がかかり、作業を困難にするだけでなく、メーターの再検針も珍しくありませんでした。 MWSは、検針を月に一度行っていましたが、水漏れの原因や不正確な請求を調査する前に、顧客が異常に高額な水道代を訴えていました。 Ragland氏は、「顧客サービスは、当社の優先事項です。私たちは、水利用の急増を報告する電話を待つのではなく、潜在的な水漏れを事前に伝えることはできないかと考えていました」と語っています。 適切なパートナーに目を向ける 1950年代初頭からSensusの顧客であるMWSは、スマート水道ネットワークのパートナーとして、その業務を改善するための努力を続けています。ユーティリティ事業は、SR II®水道メーターとFlexNet®通信ネットワークを展開。現在、MWSは、現場からリアルタイムデータを収集し、水漏れ検出を向上させています。 コストを削減し、新たなメリットを享受 Sensusの技術により、MWSは現在、リモートでメーターのデータを収集し、毎月181,000ドルを節約。検針あたり、最高95セントの節約に成功しました。同時に、MWSは、技術者のための労働条件を改善。技術者は、現場でメーターを手動で検針する際、虫に追いかけられたり、その他の日常的な深いな出来事にさらされる必要がなくなりました。 MWSは、リアルタイムの水利用データにより、これまで以上に水利用への深い洞察力を有することになりました。現地のある事業が、夏の間に異常に高い水道料金を報告した際、ユーティリティ事業は、スプリンクラーシステムが必要のないときにオンになることを発見。問題の原因を素早く特定しました。 Ragland氏は、「Sensusの技術を使用すると、複数の訪問を行わなくても、水漏れなどの問題をタイムリーに識別できます。これは、顧客および社員に利益をもたらします」と語っています。 スマート水道ネットワークを利用し、MWSは、顧客の水道代が跳ね上がる前に、水漏れを検出できるようになりました。顧客が高いまたは連続的に水を使用しているアラートをユーティリティ事業が受信した場合、顧客サービス担当者がすぐに受話器を取り、顧客に通知します。このユーティリティ事業は、ナッシュビルで顧客重視の姿勢を実証しています。 成長を管理し、収益の損失を回復 スケーラブルなソリューションであるFlexNetのシステムは、MWSで成長しています。活気のあるナッシュビルのコミュニティに多くの人々が移転してきても、ユーティリティ事業は、安全、効率的かつ効果的に、拡大する顧客基盤にサービスを提供する準備ができています。 Ragland氏は、「私たちは、最先端の技術を利用し、顧客により優れたサービスを提供し、リソースを管理できることに誇りを感じています。私たちは、Sensusとのパートナーシップを歓迎しています」と述べています。

続きを読む

カリフォルニア州ファウンテンバレーは、水使用量減少の目標をSensusの技術により達成

干上がった貯水池とひび割れた未舗装路、水のないプールは、現在のカリフォルニアの干ばつを一目で象徴するものとなっていますが、ファウンテンバレー市のマーク・スプレイグのような、水の供給を絶やさないようにすることに尽力している水道事業者は、大半の人の目に触れることはありません。 カリフォルニア州は、干ばつに対処するため、すべての住民に州の水の使用量を5000億ガロン(約19億立方メートル)減らすことを求めました。マークのようなカリフォルニア州の住民にとっては、これは個人が毎日使用する水の量を15~20ガロン(57~76リットル)減らすということになります。 マークは干ばつについて考えながら、冷たい水をコップ1杯飲み干します。ところが、干ばつでそうもいかなくなりました。個人の水の節約の目標は、1日当たりコップ100杯におおよそ等しい量となります。 「市民は協力したいと思っていましたが、何から手を付けたら良いのか全く思い浮かびませんでした」と、ファウンテンバレー市の電気・ガス・水道担当マネージャのマーク・スプレイグは述べています。「最初に、水がどのように使われているのかを明らかにし、この情報を伝える必要がありました。次に、すべての漏水を止め不必要な使用を止める必要がありました。 オレンジ郡で最も計画的なコミュニティと呼ばれていたファウンテンバレーは、個別の開発が行われるずっと以前に、マスタープランを作成しました。人口5万5000人のこの小さな市は、直面している過去最悪の干ばつを予測することはできませんでした。実際、ファウンテンバレーという名前は、この地域でかつて有名であった地下水位の高さを表すものです。地下水位が下がったため、コミュニティでは渇水に対する長期的な解決策が必要となりました。 データのない計画 最初の問題は、どこで水が使用されているかを特定することでした。これにより、ファウンテンバレーの水道部と顧客は、漏水地点を特定し、消費を減らす方法を探ることができます。スプレイグのようなリーダーは、水が下水道を流れていることを知っていましたが、どのくらい流れておりどこにたまっているかは謎でした。 ファウンテンバレーは、節水へのリベートや灌漑の制限など節水策を実行し、住民に節水を奨励しましたが、こうした措置を追跡するツールがなかったため、顧客が節水の義務を守っているかどうかが分かりませんでした。 たとえば、オレンジ郡では、家庭用の水道水の約50~60%が、芝生の水やりなど屋外の活動に使用されています。市は、週の特定の日に水やりを制限することを臨みましたが、顧客がそのガイドラインに従っていることを確認するツールが必要でした。 Sensusを使用して、住民自らが実行可能に ファウンテンバレーは、FlexNet® 通信システムとiPERL™ 家庭用、OMNI™ 商業用メーターを含む、Sensusのスマート水道ネットワークを配備しました。これにより、市と顧客は、どこで水の使用量を減らし、漏水を事前に特定することをはるかにスマートに行えるようになりました。 FlexNetは、スマート水道システムとスマートシティを可能にする、スケーラブルで信頼性の高い双方向通信インフラストラクチャを提供する長距離無線ネットワークです。Sensus OMNI 商業用メーターは長期的な制度を備え、Sensus iPERL 水道メーターは最小限の水流を捕捉し、20年間にわたり測定精度を持続します。 20%の節水目標を上回る 指導力と市民のコミットメント、Sensusの技術を組み合わせることで、ファウンテンバレーは節水目標を上回り、最終的には23%の節水を達成しました。 「Sensusのソリューションは、干ばつでの節水規制を監視し、水の使用量を20%減らすという目標を上回ることに役立ちました」と、スプレイグは述べています。「スマート水道ネットワークにより使用量の多い契約者が知らされ、こうした顧客と緊密に連携し水利用の一層の効率化を進める方法を探れるようになりました。」 制限および節水のリベートは、住民が節水を行うことを奨励する方法の一部です。こうした取り組みは、スマート水道技術を使用することで、引き続き新たな水準に達しています。現在、ファウンテンバレーでは、次のことを行えます。 どこでどのくらい水が使われているかを把握する 住民や企業とデータを積極的に共有する 協力して節水し漏水を防止する権限を住民に与える スプレイグとチームも、毎週10件以上の漏水警告を受信しました。このデータを用いて、スプレイグとチームは、顧客への電話や手紙により、小さな問題に対処できます。大規模な漏水に対して警告があった場合、スタッフはただちに現場に向かい、問題に対処します。実際、数か月以内に、ファウンテンバレーでは、水を浪費し住宅の基礎を破壊するおそれのあった2件の漏水を止めました。 「Sensusの技術を配備する前は、毎年どれくらいの水が無駄になって、顧客がいつ制限に従っていないのかを判断することは困難でした」とスプレイグは述べています。「現在では、どこを水が流れているかはほとんど即時に分かり、だれが不適切な時点で水を使っているかを顧客に教えることができます。」 よりよい未来を築く 水の使用量を減らす義務を果たすことは、第一歩に過ぎません。市は最近、住民が契約し使用量を監視し、さらには自宅の漏水を検知することを奨励するオンラインポータルであるCustomer Connectを配備しました。これは、ファウンテンバレーが長期的な節水のために技術をどのように使用するかの一例に過ぎません。 カリフォルニア州の水不足の問題は現在も続いていますが、データの制度を改善し、Sensusのスマート水道ネットワークを通じ提供されるアプリケーションを使用することで、ファウンテンバレーはコミュニティのよりよい未来を築きつつあります。

続きを読む

リトルエッグハーバーが、Sensusのテクノロジーを通して顧客の信頼を確立

ニュージャージー州のリトルエッグハーバーでは、冬季の気温が日没後零下5度まで下がります。海岸沿いのこの街で、夏のビーチ気候はなりを潜め、多くの住民は夏が来るまでより暖かい場所に移動します。しかし、水道管は、住民とともに移動することなどできず、住宅所有者が留守にしている間、凍結して破裂することがあります。 留守の住宅で水道管が破裂し、水が漏れると、家の外まで水が出てくるまで見逃されることも少なくありません。この時点になると、損害は明確です。 Little Egg Harbor Municipal Utilities Authority(LEHMUA)のエグゼクティブディレクター、Earl Sutton氏は、「浸水の損害から回復するストレスにさらされることを望む人はいません。これまで多くの住宅が被害に遭うところを見てきました。水道管の破裂や水漏れのような問題を検出し、より迅速に顧客に通知できるよう何かすべきだということはわかっていました」と述べています。 成長を続けるビーチタウン リトルエッグハーバーは、大西洋からわずか数分に位置しています。8,000軒以上の世帯は増え続けており、この海辺の街は瞬く間に人気の別荘地となってきました。 このバケーションスポットが成長するにつれ、不動産所有者とユーティリティ企業が考慮するべき潜在的な損害や高額な被害シナリオの可能性も高まっています。たとえば、水道管の破裂や水漏れがある場合、大きな損害になるまで、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。ユーティリティ企業は、リアルタイムで水の消費量を監視することができればどうでしょう。データが水道管の破裂や水漏れを警告できるとしたら? メッセージの送信と恩恵の享受 Sensus FlexNet®通信ネットワークを使用すると、ユーティリティ企業が、これらの質問に答えることができるようになります。ユーティリティ企業は、FlexNetシステムにより水の消費を監視。1日中いつでも電子メール、テキストメッセージ、電話により、異常な消費パターンを顧客に直接警告できます。 警告に加えて、ユーティリティ企業は、以下の目的で消費データを使用しています。 より正確で信頼性の高いサービスの提供 9,000個の水道メーターのすべてを1日24時間、週7日監視 正確な課金を保証 運用の効率性向上と節水 顧客との信頼関係を確立 Sensusのテクノロジーは、LEHMUAがリトルエッグハーバーの住民と信頼を築くのに役立っています。たとえば、ユーティリティ企業は、昨年秋にある顧客の水の消費量が異常に高くなっていることを発見しました。顧客の1日の水消費量が1,000ガロンを超えていたのです。顧客に問題を直ちに報告し、トイレの水が止まっていなかったことがわかりました。問題が続いていれば、その月の水道代は著しく高額になっていたでしょう。住宅の所有者は、この報告について、非常に感謝していました。 Sutton氏は、「一貫した監視および通信機能により、FlexNetが問題の早期発見と報告を可能にしてくれました。水が漏れている蛇口でも水道管の凍結でも、問題を見つけて報告できれば、顧客の満足度につながることは間違いありません」と述べています。 悪天候の対策 ユーティリティ企業は、地域の住宅所有者に、水道管の破裂警告するためのソリューションが必要であることを知っていました。FlexNetがどの程度自然災害の克服に役立つのかは、想像を超える成果となりました。 大型ハリケーン「サンディ」は、2012年の秋にジャージー州湾岸を直撃。多くの住民が壊滅的な物的損害を被っただけでなく、住宅の全壊に至った人もいました。 10年間LEHMUAの顧客であったEd Andrews氏の自宅には、1mに及ぶ水が溢れました。Andrews氏は、「水道サービスが中断されることはありませんでしたが、メーターを交換する必要がありました。幸いなことに、ユーティリティ企業の担当者たちは、無償でタイムリーにメーターを変更してくれました」と語っています。 救援活動を重視し、最も重大な影響を受けた地域を特定するためのFlexNetを使用して、LEHMUAは、水道メーターを問題が発生する前に交換することができました。ユーティリティ企業は、復旧への取り組みについて顧客との一貫したコミュニケーションを維持しながら、迅速かつ効率的に問題を克服しました。 将来を見据えたテクノロジー FlexNetシステムはスケーラブルであるため、LEHMUAは、顧客の水消費量を監視し、今後数年間、問題を警告し続けることができます。 Sutton氏は、「ハリケーンが発生するか、厳しい冬になるかに関係なく、顧客の苦情を受け取る前に、問題をいち早く報告し、対処できます。FlexNetがこれまで築いてきた顧客との長年のパートナーシップをサポートし続けることができると信じています」と述べています。  

続きを読む

Easton Suburban Water AuthorityがSensusのサービスとしてのソフトウェアで年間85,000ドルのコストを節約

Easton Suburban Water Authority(ESWA)は、テクノロジーの管理を行わずに、その顧客に水を提供する事業を展開しています。ある夏、テクノロジーマネージャーであるTim Ryan氏は、ユーティリティ企業のAMI(Advanced Metering Infrastructure)ITネットワークやサーバーの管理に貴重な時間とリソースを費やしていました。その社員は、顧客サービスの向上に注力するのではなく、ITの問題を管理しなければなりませんでした。サーバーがダウンした場合には、多くの担当者がその修復に取り組みました。 「IT問題にかかりきりになると、本来の事業ミッションに集中できません。スタッフには、より良い顧客にサービスの提供に焦点を当ててほしいと考えていますが、新しいソフトウェアの言語を学ぶことを余儀なくされています。この状況を改善する手立てはあるはずです」とRyan氏は述べています。 顧客の期待に応える ESWAは、顧客に水を提供するため、1957年に設立されました。この水道事業は、現在、ペンシルベニア州東部イーストンおよびその周囲にある黒人居住区や市町村で、30,000人以上の世帯を顧客として抱えており、 50人を超える社員が、顧客に質の高い水やサービスを手頃な価格で提供しています。そのミッションを遂行するには、顧客サービスに焦点を当て、その運用の効率化を実現することが最も重要です。 ITの管理にかかる時間とコスト SWAのAMIのITインフラストラクチャに注がれるのは、事業の方向性とコストだけではありません。 重要なスタッフの時間を、サーバーとソフトウェアの管理に費やす必要がありました。メンテナンス、ソフトウェアのアップデート、ダウンタイムには、コストがかかります。この水道事業は、より多くの時間とコストを投資してきましたが、運用の効率化や消費者への価値の向上は、それほど効果を上げていませんでした。 Ryan氏は、「ほとんどのユーティリティ企業は、ITインフラストラクチャの所有および管理の総コストを理解していません」と語っています。 優れたテクノロジーソリューションを見つける ESWAは、スマート水道ネットワークソリューションの使用について、Sensusと提携しました。このソリューションには、FlexNet®通信ネットワーク、30,000を超えるiPERL®水道メーター、Sensus® Logic MDM™とサービスとしてのソフトウェア(SaaS)が含まれます。 Sensusは、セキュアなプライベートクラウドベースの環境でユーティリティ企業のAMI ITインフラストラクチャを完全に所有し、管理します。結果 ESWAの担当者は、無敵の顧客サービスと運用の効率化という組織のミッションに集中できます。 ITの負担を排除 ESWAは、Sensusとの提携により、コストを節約し、運用の効率化を実現。スタンドアロンでサービスとしてのソフトウェアを利用し、独自のAMI ITインフラストラクチャを所有および管理することで、年間85,000ドルを超える節約を達成したのです。このような結果に至ったのは、この企業だけではありません。SensusのSaaSを使用するほとんどのユーティリティ企業は、システム自体の管理にかかったであろうコストと比較して、5年間の投資に対して平均61%の見返りを得ています。 Ryan氏は、「決定は実に自然に下されました」と述べています。 ユーティリティ企業は、ソフトウェアのアップデートやサーバーの交換にかかるコストや負担から解放されるのです。また、クラウドベースのソリューションにより、スマート水道データをセキュアに保持できます。 未来を見据えたより良いサービス ESWAの現チームは、Sensusのテクノロジーとサービスとしてのソフトウェアを通して作り上げた事業を誇りに思っています。 Ryan氏は、「AMI ITネットワークをアウトソーシングすることから節約した時間とコストは少なくありませんでした。Sensusのサービスを利用することで、未来を見据えながら、顧客と社員の利益になるインフラストラクチャを構築できました」と述べています。  

続きを読む

Berkeley County Water & SanitationがSensusからのビッグデータで大きく躍進

Berkeley County Water & Sanitation(BCWS)は、手動によるメーター読み取りから、ボタンを押すだけのリモート読み取りに移行しました。結果 膨大な量のデータが収集されるものの、24,000以上の顧客の利益となり、将来のより良い計画を立てるため、どのように使用するべきかに関する明確な答えを得ることはできませんでした。 BCWSの配水担当管理者であるTerry Hughes氏は、「データだけでは十分ではありません。データを理解し、実施可能なインテリジェンスに変換する必要があります。しかし、それは簡単な作業ではなく、助けが必要でした」と述べています。 驚異的なペースの成長 サウスカロライナ州の南東に位置するバークレー郡は、深南部の州で最大の郡となる、低地帯800平方マイルをカバーしています。また、2010年以来、州で最速の成長率、全国レベルでは40番目の成長率を示しています。 卓越した顧客サービスを提供することは、ユーティリティ企業にとって主な課題です。この目標を達成するため、顧客が今日使用した水量を知るだけでなく、将来使用する水量を予測しなければなりません。 月あたり平均100以上の新規顧客を抱えるこのユーティリティ企業は、より高い能力を求めていました。 多大な知識を発見 データ管理責任者であるApril Shuler氏は、ほぼ15年間、BCWSに勤務しています。この間、Shuler氏は、顧客サービス、検針、データ入力の担当者から現在の役職に異動した際に、大きな変化に気付きました。 最新の料金は、検針中に収集されたデータに対して正確で、予測される成長を見込んでユーティリティ企業が最適なポジションを取ることについて、多大な知識を明らかにしてくれました。 Shuler氏は、以下のような質問に答えるため、一連のレポートから求められる消費パターンと存在しない検針データに焦点を当てています。 空き家やアクティブでないアカウントで、水の使用量が示されているのはなぜか 連続的な使用を示すアカウントと使用のないアカウントがあるのはなぜか 特定のメーターはどこにあるのか メーターがレジスタの読み取りを送信しないのはなぜか これらの質問に対する答えは、将来の需要に合わせて計画および調整するのに必要な知識をBCWSに提供します。また、顧客に提供する優れた顧客サービスの基礎を形成できます。 Shuler氏は、「受け取る情報に基づいた意思決定を行うことができます。現状の正確なスナップショットを得て、より優れた顧客サービスを提供できるよう、ネットワークを活用する方法を知ることが可能になります」と語っています。 論理的な次のステップ 2006年に、BCWSが最初の無線読み取り機能を実装した際、これらの質問に答える準備が整いました。そこから、リモートで、モニターと配布アセットの管理を可能にする長距離無線ネットワーク、Sensus FlexNet®通信システムを取り入れることになったのは、ごくに自然な成り行きでした。最近、BCWSは、そのシステムをSensus® Logic MDM™アプリケーションスイートにアップデートしました。Logicを使用すると、以下のことが可能になります。 データの整理、処理、検証 ネットワーク内のメーター表示 主要な担当者に通知を配信し、システムの問題およびステータスを通知 データを基にしたソリューションを探求 FlexNetを導入して以来、このユーティリティ企業は、検針にかかる時間を大幅に短縮しました。これまでほぼ3週間かかっていたこの作業は、現在、2時間ほどで達成されます。 Logicスイートを使用して、データを効率的に整理し、処理、検証することにより、これらの能力を拡張し、検針データをさらに活用できます。この情報を使用して、以下のことを可能にしました。 メーターで24時間連続消費を示すことで、漏水の可能性を顧客に通知 水の不正使用が発生していないことを確認するため、アクティブでないアカウントを日常的に監視 1回の連絡で問題を解決するため、クルーに正しいパーツを装備 同じ日にすべてのメーターを検針 データを分析し、トレンドの把握、トラブルシューティングおよび将来の準備を実現 未来への大胆な移行 特にバークレー郡のような変化が著しい場所では、組織が将来に懸念を感じている場合があります。 Hughes氏とそのチームでは、その心配はありません。変化のスピードに圧倒されることなく、BCWSは、未来への明るい展望を有しています。 Hughes氏は、「Sensusのテクノロジーが提供する情報を使用して、情報に基づいた意思決定を行い、どのような将来に対してもバークレー郡の位置付けを確保することができます。今後について明るい展望を持つだけでなく、顧客が求める優れたサービスを提供できることを喜んでいます」と述べています。  

続きを読む

コロラド州エバンス市はメーターの推測読み取りを94%減少

コロラド州エバンス市の水道事業部では請求日の時期です。エバンス市の技術士、Randyさんはこれまで14年間、毎月毎日同市の道路を運転して各水道メーター6,500個を読み取る仕事をしてきました。Randyさんの長時間にわたる努力にもかかわらず、老化したメーターはデータを推定するのでメーターの読み取りは必ずしも正確なものではありませんでした。その上、プロセスが長すぎるので、請求書を各家に送る前にデータを再度確認する時間がないことがよくあります。 「市の技術士は毎日、手作業のメーター読み取りで忙しいため、顧客に最高のサービスを提供することができませんでした」と、コロラド州エバンス市公共料金請求書スペシャリストであるJoni Cristさんは言います。「何か手を打たなければならないことは明らかです。」 急速な人口増加の管理 エバンス市はデンバー市から北におよそ1時間の場所に位置しています。急成長する同市の人口はおよそ20,000人で、新しく建てたばかりのPrairie Heights Middle Schoolはすでにその定員に達しています。メーター読み取りと請求の問題は人口が増えるにつれて大きくなるばかりです。 時間と資源の無駄 老化したメーターと不正確な読み取りは公益事業にとって煩わしいだけでなく、水道事業部が顧客のニーズを満たす妨げともなります。良い事例:ひところあった1,500個ほどのメーターは老朽化しており、過去4年ほどの間は、水使用を見積りで請求していました。この状況はつまり、市の人口の1/4近くが毎月、間違った請求書を受けていたということです。 「やっとメーターからデータを集めると、即座に各家に請求書を発送しなければなりませんでした」と、Cristさんは言います。「顧客に影響していた水漏れなどの問題に対して、請求書を調査する時間などほとんどありませんでした。」 市のインフラをアップグレードし、顧客サービスを向上する絶好のタイミングでした。 正しいソリューションを見つける エバンス市はSensus iPERL®住宅用水道メーターとOMNI™商業用水道メーターのほかに、次の目的でFlexNet®通信ネットワークも展開しました。 請求書の正確さを改善する メーター読み取りにかかる時間を削減する 顧客により良いサービスを提供する 新テクノロジーで顧客サービスを改善する 「Sensusのテクノロジーは、顧客により良いサービスを提供するのに非常に役立ちました」と、Cristさんは言います。「毎月の請求プロセスで確認する時間ができたので、請求書に反映される前に問題を見つけることができるようになり、経費の節約につながります。」 水道のスマートネットワークのおかげで、メーターの推測読み取り数は1,500から74に減りました。この94パーセントもの減少は運営の効率化と顧客サービスに大改革をもたらしました。エバンス市は今では、街中の道路を運転しなくても、毎月の請求プロセスの始めに正確な使用データを受信します。 公益事業は手作業によるメーター読み取り数を84パーセント減らしましたので、Randyさんはこれまでメーターの読み取りに費やしていた時間を顧客サービスの時間に使えるようになりました。その上、スタッフは請求書を調査する時間ができ、水漏れの可能性やその他の問題について積極的に顧客に警告できるようになりました。今では、Randyさんが住宅や企業を訪問する際は、顧客は彼が助けるために来たことを知っています。 「市の技術士たちは、顧客満足度が向上したことにすでに気づいています」と、Cristさんは言います。「新しいメーターから集めたデータを利用して顧客と協力し、問題に対するソリューションを素早く特定できます。」 現在と将来のソリューションに投資 拡張可能なFlexNetシステムは、市が「成長志向のインフラを備え、清潔で安全な、家族に優しい環境を提供する経済的な多様性と自給自足のコミュニティ」になるという、その探求を全うする助けになります。 エバンス市はコミュニティの成長に合わせて効率と正確さを高め、新住民の公益事業の請求・処理を遂行する用意ができています。エバンス市のコミュニティからどんなにたくさん問い合わせがあろうとも、同市の専任スタッフから素晴らしいサービスを受けることができるのは間違いありません。 「テクノロジーをアップグレードできて本当に嬉しいです」と、Cristさんは延べます。「既存の顧客が恩恵を受けることができるだけでなく、当市にやってくる新住民の受け入れに対応するため、私たちスタッフに高品質の機器も提供してもらえます。この先何年もの持続的成長に対する準備ができました。」  

続きを読む

Sensusからの経済的なエコおよび将来性を備えたiPERL検針ソリューションに依存するディーセンの市場町

2,800台の最先端水道メーターを有する市場町、ディーセン・アム・アンマーゼーは、利用データに最先端の通信用ソリューションを導入するだけでなく、新しいメーターは、将来を見据えた材料で、経済的なサービス寿命を備え、ユーティリティ企業の顧客に透明なサービスの提供を実現することを示しています。 将来を見据えた製品 現在、最大10μg/lという、ドイツの飲料水条例による飲料水中の鉛に関する厳格なしきい値の導入は、飲料水設置業者の近代化に弾みを与えています。将来的に規制に従うよう、ディーセンの町は、iPERL™.など、無鉛のメーターを設置するための意識的な決定を下しました。ディーセン水道事業のテクニカルディレクターであるMichael Deininger氏は、「新しい水道メーターを選択するとき、材料が許容値を遵守することが重要でしたが、将来性があることも大切でした」と説明しています。 iPERLは、複合材料で構成され、100パーセントの無鉛であるため、水道事業は、鉛のしきい値が低下した場合や、環境安全規制が厳しくなった場合でも、安心してiPERLを利用できます。メーターのサービス寿命が終わったときに有効になるリサイクルの概念も考慮され、すでにiPERLの設計段階で実装されました。 また、iPERLの無線伝送システムは、ユーティリティや消費者に高度なセキュリティを提供しています。転送されるデータはAESで暗号化され、BSIのガイドライン、TR-03116-3の規定に準拠しています。これは、スマート水道検針システムのインフラストラクチャで、暗号化方法を使用するための安全要件を定義します。 iPERLのアラームおよび状態レポートは、最新のタイムスタンプ付きメーター操作に対する保護が含まれています。これらの新しいiPERL機能により、ユーティリティ企業が、最大の消費者保護を提供できるようになります。 柔軟性 Sensus RFデータプロトコルは、ウォークバイ/ドライブバイ読み出しに使用できます。このプロトコルは、OMS(オープン検針システム)に従っており、既存のスマートメーターのネットワークにも統合できます。データプロトコルが変わっても、検針ポイントへのアクセスを必要としないため、ユーティリティ企業と消費者の両方に、高い柔軟性をもたらすことが可能です。 データプロトコルとiPERLの柔軟性は、特にウォークバイ/ドライブバイ読み取りで強調されます。必要に応じて、ユーティリティ企業は、データ転送オプションを有効または無効にできます。この柔軟な選択が、実際には、顧客満足度の面で効果を発揮。ディーセンのテクニカルディレクターは、「住民は、医療や環境上の理由で、無線システムをオフにすることを望んでいます。これを実現できるとき、喜びを感じます。このサービスは、私達にとって非常に重要です!」と語っています。このような場合、データ転送オプションは、正確なメーターデータを取得するためにのみ選択的に利用されます。「毎年、受信するメーターデータの約15%は、課金のために使用きません。ドライブバイ読み取りにより、欠落しているか、不適切なデータを容易かつ迅速に収集する可能性は、幅広い新たな可能性をもたらします」と、Michael Deininger氏は述べています。 このオプションにより、ディーセンの水道事業は、顧客サービスの面で付加価値を生成するだけでなく、両者の利益につながる公正かつ正確な請求書を提供できます。Michael Deininger氏は、「私たちは実際の数字を見ることができるので、もはや見積りに依存する必要はありません」と述べています。推定の使用量データまたはデータの不足は、ユーティリティ企業の帳簿に悪影響を与えかねません。また、高い支払遅滞は、エンドカスタマのサプライヤー認識にマイナスの影響を与える可能性があります。Michael Deiningerは、「利用プロファイルの透明かつ正確なアカウントは、利用請求の誤解や最初からの意見の違いを防ぐのに役立ちます」と指摘します。 経済的 iPERLのさらなる利点は、技術面で従来のメーターに比べて大きく寿命を保証する革新的な構造です。Deininger氏は、「非常に長い寿命は、iPERLを選んだもうひとつの理由でした。長い導入サイクルは、メーターの交換から発生するコストを削減でき、最先端の耐久性のある追加メーターの購入に投資できることを意味します」と語っています。しかし、iPERLは、テクニカルディレクターを説き伏せたその他の技術的な利点も備えています。非接触の磁気誘導流量測定は、iPERLの寿命を通して信頼性の高いメーターのパフォーマンスを保証します。1 l/hからの最小漏水量でさえ確実に記録されるうえ、iPERLの最小限の圧力損失により、大きなスルーフローも正確に測定できます。この機能は、iPERLで、不必要にネットワークに必要な圧力を制限することなく、将来の圧力管理の基礎を提供することを可能にします。メーターの排気や排水といった処理工程を省略できるため、不良設置や実装が検針の結果に影響を与える可能性があるというリスクを排除できます。これらの経済的な利点は、ユーティリティ企業の運用に非常にポジティブな効果をもたらします。 Deininger氏は、「iPERLを選択することによって、私たちは経済性や将来性を重視した決定を下したと確信しています。また、顧客満足度を高め、最適化されたサービスを提供できるようになったことを意味します」と説明しています。

続きを読む

SensusからのiPERLとインテリジェントな水管理を実装するHSE Darmstadt AG

コストを最適化した飲料水を配水することと、この貴重な資源を大切に利用しながらスマートメーターソリューションへの需要を含む顧客の期待を満たすニーズは、水道関連企業が直面している課題であり、これらソリューションへの需要はますます増加しています。40,000台スマート水道メーターを使用して、エネルギーおよびインフラストラクチャのユーティリティ企業、Darmstadtに位置するHSEは、将来性と持続可能なソリューションのシーンを設定しています。 Darmstadtのユーティリティ企業で飲料水の検針を管理するMartin Grüger氏は、「安全上の理由から、飲料水シャフトで300台のメーターから手動でデータを収集することは、常に2人の特別な訓練を受けたスタッフメンバーによって行われなければなりませんでした。これは、人員や時間への需要が高くなり、コスト高につながります。当社の財務や人事のコミットメントを削減するため、私たちは、近代的でコスト効率の高い選択肢を探しました。そして、iPERLに出会いました」と語っています。 SensusからのiPERLを使用して、HSEは、その前の計量概念を近代化したほか、下流配水プロセスを著しく最適化しました。iPERL(Sensus RF)で統合されたAES暗号化データ通信は、リモートメーターの読み取り値を使用して、消費データを簡単かつ迅速に収集することを可能にします。シャフトと家庭用メーターは、読み取りと課金システムにシームレスに統合できます。通常、手動による読み取りに依存する運用コストを大幅に低減する、または完全に排除できるなど、経済的利益は莫大です。iPERLが展開されて以来、HSEでは、300台のシャフトの手動読み取りは不要となっています。リモート読み取りのおかげで、何千人もの消費者とアポを取る必要もありません。Grüger氏は、「このようにして、1日で200台限りの水道メーターを読み取るのではなく、将来的には1日あたり6,000台のメーターを読み取ることができます」と、述べています。「将来的には7日以内に当社の完全な供給ネットワークですべてのメーターの読み取りを収集し、ローリング検針システムを完全に置き換えることを計画しています」 消費量を公正に記録し、顧客満足度を確実に向上させます。 運用コストの潜在的な節約に加えて、iPERLを使用すると、供給者の顧客サービスにプラスの効果が期待できます。住宅協会は、ローリング方式の読み取りではなく、従来の指定日での読み取りを好みます。iPERLにより、私たちは何の問題もなく、このサービスを提供できます」と、Grüger氏は述べています。消費の読み取りは非常に正確で公正であるため、Grüger氏が説明しているように、苦情管理も最適化されます。「私たちは、流量が最小である場合は、精度の高いレベルを達成し、顧客に透明で理解しやすい方法で、実質消費を示すことができます。これは、顧客側での課金について、好意的に受け取られます。将来、間違った検針データに関する問合せや苦情に対し、より自信を持って答えることができ、高価な診断テストの必要性を排除します。また、個人消費のプロファイルは、漏水や水の損失を識別し、通知できることを意味しているため、iPERLと持続可能な水供給業者としての役割を果たすことができます。これは、顧客に利益をもたらし、将来感謝されるサービスとなるでしょう」と語っています。 漏水の認識は、スルーフロー時間あたりわずか1リットルまで登録できる、iPERL独自の測定パラメータを可能にします。水道事業は、初めて正確に独自の水供給ネットワーク内の水の損失を検出するために、この機能を使用したいと考えています。「透明な固定日の読み取りにより、IPERLとSensusRFを使用して、今より正確に水の損失を決定し、排除できます」と、Grüger氏は述べています。これは、HSEが飲料水の確保を保証し、独自のインフラストラクチャ内で責任を持って資源が処理され、持続可能な資源管理のコンセプトに未来への道を指し示すことを意味します。 最低のスルーフローによる正確な検針テクノロジー Darmstadtで、この企業は、現在市場で最も近代的な検針テクノロジーのひとつであるiPERLの計量特性を生かしています。Sensusは、残留磁場技術を特徴とするメーターを装備。公称Q3 4で、スルーフローが1時間に1リットルと低い場合でも、消費に適切な課金を提供します。測定チューブのユニークな構造と非接触測定テクノロジーは、圧力管理にプラスの効果を発揮。Grüger氏は、ネットワーク内には低圧の場所があり、iPERLで圧力損失を最小限に抑えることができることは非常に有用です。また、これは当社でコストおよびエネルギー効率の向上に貢献します」と語っています。 公的機関と協力する必要がある場合、正確な消費の測定値にもプラスの影響を与えます。Grüger氏は、「州および連邦レベルでの行政は、水供給会社が信頼できる消費量データと予測を提供することを期待しています。ローリング式の読み取りに基づくこれまでの当社の見積りでは、約3%を許容範囲が普通でした。最新の消費データを配信するiPERLを使用することで、正確な数字を扱うことができるようになりました。行政には感謝されますし、これは、消費の数値を翌年のために調整する必要がないことを意味します」と説明します。 まとめ:iPERLは、Sensusが、水の検針で新世代を告げていることを示しています。水道事業は、高いパフォーマンスと正確な「データのサプライヤ」をもたらす、「インテリジェント」な検針システムを導入できます。iPERLの背景にある理念と技術的思想は、従来の水量検針を、消費量や運用状態のデータを継続的に記録して送信する通信システムに置き換え、サプライヤーと消費者の両方に正確かつ貴重な情報を提供します。  「もちろんiPERLは、従来の水道メーターよりも高価ですが、3回のサンプル検査で合格し、少なくとも12年以上の寿命があるメーターは、間違いなく経済的な利点をもたらしてくれます」と、Grüger氏は述べています。 「スマートメーター」という言葉は、現在般的には電気ネットワークに関連して使用されていますが、DarmstadtにあるエネルギーとインフラストラクチャサービスプロバイダであるHSEは、それが可能であることを示しているだけでなく、インテリジェントな水道ネットワークのセットアップにも有用であることを示しています。将来、この企業のインテリジェントな電気および水道メーターからの消費データは、1つの作業工程で課金パートナーCount+Careに転送されます。HSEは、メーターを近代化することで、ドイツでこの革新的な一歩を踏み出すための最初のサプライヤーのひとつとなりました。

続きを読む
loading animation Older Entries

Please select your preferred language:

English Deutsch Français 日本語 Español 简体中文